雲の柱

夏至から1ヶ月が過ぎて、日が沈むのが目に見えて早くなった。帰りの電車を降りて自宅までの道、もう日が沈もうとしている。
中標津ではほぼ毎日でも見ることが出来た夕焼けが、江別では滅多に見ることが出来ない。空気が違うのだろうか?今日の空も
ほんのわずか、おしるし程度に赤くなっているだけだ。空の左手上空にはおかしな雲がたちあがっていた。
e0100772_21455578.jpg

おかしな雲の先を見ると、なんと柱のように立ち上がっていた。いや、正確には横に広がっているのだが、上空に向かって立って見える。
e0100772_21483939.jpg

しばらく歩いて振り返ると、柱が太くなって倒れてくるように見えた。教会はたまたま写っているだけで雲とは関係がない^^;
e0100772_21524530.jpg

(Caplio GX100)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-27 21:53 | 空や雲など


<< セイヨウオオマルハナバチ ケシ-芥子 >>