山形県瀬見温泉 喜至楼

平成15年(2003)7月、山形県の瀬見温泉に行った。宿泊は観松館というホテルだったが、その向かいにとても興味深い旅館があった。
喜至楼という名の旅館で、ネットで調べたら江戸時代の開業、本館は明治元年、別館は大正元年に建てられたとのこと。歴史の古さを体現
したような不思議な雰囲気を漂わせて、アニメ「千と千尋の神隠し」の舞台となった湯治場「油屋」を思い出した。瀬見温泉も古い温泉で、
義経と弁慶の伝説が残っている。北海道にも鰊番屋などの古い木造建築があるが、こちらのほうが規模も大きく、物珍しさでも優っている。

こちらは本館
e0100772_22444898.jpg

屋根の飾りが凝っている。横にある祠も古めかしい。
e0100772_22455969.jpg

こちらは別館(新館)といっても、十分に時代を経た趣を感じさせる。
e0100772_22472246.jpg

(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-08-02 22:52 | 旅行


<< 通勤お写真3-今日の空と雲 ミラーマジック >>