釧路湿原の秋

平成14年(2002)、母と一緒に釧路湿原を訪れた。記憶が定かでないが、たぶんコッタロ湿原展望台だと思うけれど、そこからの湿原の展望が
素晴らしかった。遙かに広がる手つかずの自然を目の前にして、このままの姿で後生に残すべき大事な財産だと思った。
広々とした眺めといえば阿蘇の草千里を思い出すが、あちらは隈無く人手が入っている点でまったく違っている。
貴重な湿原ではあるが、周辺の整備が進んだ影響で乾燥化が進んでいるらしいのが心配だ。
e0100772_2232368.jpg

e0100772_22321650.jpg

e0100772_22323051.jpg

別の場所(標茶へ抜ける道筋)で見かけたタンチョウのつがい、2番草を刈った後の牧草地で餌を探しているのだろうか。
e0100772_2235228.jpg

(Nikon Coolpix E995)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-09-03 22:36 | 旅行


<< タンチョウ-釧路市丹頂鶴自然公園 秋の花が咲いてきた >>