倒れし後を受け継ぐもの達

野幌森林公園は開拓以前の林がそのまま残されている自然林(原始林)と、開拓後に伐採された後に植林された人工林の部分に分かれています。
自然林は原則として人による管理を行わず、持ち込まず・持ち出さずの、自然の営みのままに任せていると聞いています。
歳を経て力尽きて倒れた木や根株が林内のあちこちに見かけられます。倒木や根株は新たな草や木の苗床となって、次の世代へ生命を引き継い
でいるように思えます。
e0100772_2211418.jpg

e0100772_22115523.jpg

e0100772_2212886.jpg

e0100772_22122154.jpg

(Caplio GX100)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-09-26 22:13 | 自然散策


<< 名残の夏 秋の野幌森林公園を歩く >>