秋の摩周湖

これまでに摩周湖を訪れたのは7,8回ほどあるけれど、平成13年(2001)9月に見た摩周湖が一番きれいでした。一言でいうと「絵はがきみたい!」
です。湖面に映り込む空の青、雲の白、そして摩周岳の緑、湖岸の紅葉のそれぞれの色彩が引き立てあって、本当に絵のように鮮やかでした。
e0100772_21233143.jpg

(Nikon E880、F7.8,1/262sec)
摩周岳の旧噴火口の壁もはっきり見えます。
e0100772_21251343.jpg

(Nikon E880、F9.0,1/99sec)
遠くに斜里岳がくっきりと遠望できます。
e0100772_21263095.jpg

(Nikon E880、F9.0,1/166sec)
使ったカメラはニコンのエントリー・コンパクト・デジカメであるE880という機種で、画素数は200万画素、今では携帯電話に付属しているカメラと
ほぼ同じ性能ですが、条件がよければこれだけ鮮明な写真が撮れました。全てカメラ任せのオートでシャッターを押していたのですが、空と湖面の
色が3枚とも微妙に違っているのが気になります。太陽の位置に関係した光の条件によるものと思いますが、絞りとシャッタースピードもそれぞれ
違っています。やっぱり写真は難しいです ^^;。

[PR]
by kitanonezumi | 2007-10-04 21:38 | 風景


<< 早い日暮れ-通勤お写真 新型特急「スーパーカムイ」 >>