会津若松 鶴ヶ城-東山温泉

昨日に比べて今日は暖かいと感じましたが、それでも気温は14℃には達することなく、朝に駅へ歩いている時には手が冷たくて、手袋が欲しい
と思いました。それでも、まだコートを着ないで頑張っている人が2,3割ほど見かけます。我慢強い人だと感心させられます。

さて、鶴ヶ城の続きです。このお城は桜の名所でもあるそうで、桜の古木が年代の古さを物語っているようです。
e0100772_2212074.jpg

お城への道筋にはお土産屋や御茶屋があります。焼きだんごを売っています。
e0100772_2221133.jpg

駐車場へ戻ると、青空にひと筋の長い雲が走っていました。
e0100772_22234913.jpg

キンモクセイ(金木犀)の花が咲いていました。とてもいい香りを放っていましたが、誰かがトイレの芳香剤の匂いだと言っていました。北海道では見られない花です。
e0100772_22284871.jpg

第一日目の宿泊は東山温泉です。1300年の歴史がある古い温泉ですが、深い沢に沿ってひっそりとした佇まいです。”くつろぎの宿千代滝”と
いう宿で、まぁ、普通の温泉旅館ですが、10階にある露天風呂からの眺めはいいです。山菜や湯葉などの素朴な夕食でした。
e0100772_22394796.jpg

(Caplio GX100)

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2007-10-17 22:42 | 旅行


<< 江戸時代の宿場を偲ばせる大内宿 会津若松 鶴ヶ城 >>