チラッと見ただけの中禅寺湖と、かなりの迫力・華厳の滝

昨日からの雨が午後になっても降り止まず、夕方ちかくになってようやく青空が見えてきました。近くの公園の木々がようやく色づいてきたので、
野幌森林公園に行って紅葉の写真を撮りたいと思っていたのですが、すぐに暗くなるので断念しました。来週ではもう遅すぎるでしょうか。

さて、ツァー2日目の最後の訪問地は中禅寺湖と華厳の滝です。中禅寺湖は水面標高1,260mと日本一高い所にある湖で、華厳の滝の水源。
手稲山(1,023m)よりも高いところにある湖まで一気に登っていく道が有名な「いろは坂」で、180度のカーブが連続するまさに九十九折り
の道路です。大型バスがよく登れるなと感心しますが、今は登専用として「第2いろは坂」、下り専用が「いろは坂」と分かれたので楽になったそうです。
ジェットコースターが嫌いな人にはお勧めのスリル満点の道路です。

中禅寺湖での見学時間は15分間!ほんとうにチラッと見ただけなので感想も感慨もありません。
e0100772_22404760.jpg

湖畔から5分ほど走った所に「華厳の滝」の駐車場があって、そこから見た滝の写真です。残念ながらピントが滝にあっていません。 orz
e0100772_22441132.jpg

エレベーターで100mを降りて、下から滝を見上げます。落差が97mの滝はさすがに迫力がありました。条件が悪い日は水煙と霧で
ほとんど見えないそうですが、この日は夕方近くで曇っていたけれど、よく見えたほうらしいです。
e0100772_22492233.jpg

e0100772_22503013.jpg

(Caplio GX100)

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2007-10-21 22:52 | 旅行


<< 旅の中休み-キャンパスの秋 観光客で溢れる日光東照宮 >>