戦場ヶ原-湯の湖

今日は昔の職場の仲間と久しぶりに会って、飲んで食べて語って、愉しい時間を過ごしました。電車を降りての帰り道を、満月が明るく照らしてくれました。

さて、旅の続きです。竜頭の滝を見た後は国道120号線(通称「日本ロマンチック街道」)を走って峠を越え、群馬県に向かいました。途中、戦場ヶ原と
いう場所を通りましたが、海抜1400mほどの高所に広々とした平原があることに驚きました。かつては男体山の噴火で川が堰き止められて出来た湖
だったそうです。男体山が間近に見えます。
e0100772_2322556.jpg

戦場ヶ原を過ぎると綺麗な水色の湖が見えてきました。湯の湖です。この湖も火山の噴火で堰き止められて出来たそうで、温泉からの湯がそそいで
いるので湯の湖と名付けられたとのことです。赤い山肌が見える金精山が県境にそびえています。
e0100772_233115.jpg

バスはいろは坂なみに曲がりくねった道をどんどんと登っていき、標高2024mの金精峠を目指します。こんなに高い峠は北海道には無いですね。
湯の湖が遠く小さくなりました。
e0100772_23364456.jpg

(Caplio GX100)

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2007-10-25 23:38 | 旅行


<< 自然の力を目の当たりにする-吹割の滝 小さくても見応えのある竜頭の滝 >>