都会の落ち葉

秋の終わりに落葉樹は寒くて乾燥する冬に備えるために一斉に葉を落とします。落ちた葉は大地に積み重なり、時を経て腐葉土として草木の種子
の苗床となり、やがては栄養分として母なる木に再び帰っていきます。
それが自然のサイクルなのですが、都会の落ち葉はなかなかそうはいきません。アスファルトの上では土に還れず、空しく風に舞い、排水溝を埋めて
住民からは厄介者あつかいをされ、ゴミとして回収されます。集めて積み重ねておくと良い堆肥になるのですが、狭い庭ではそうもいきません。
都会の落ち葉はかわいそう、通勤途中の道に積もった落ち葉を見ながら思いました。
e0100772_21461630.jpg

「大麻団地開発記念碑」がある小公園です。
e0100772_214882.jpg

(Caplio GX100)

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2007-11-02 21:52 | 風景


<< マイケルは傘が好き 冷たい雨 >>