国立民族学博物館

昨日アップした岡山城の写真に続いて、大阪の万博記念公園にある国立民族学博物館の写真がスキャンされて出てきました。そういえば、
岡山での出張用務を済ませてから、真っ直ぐに帰らずに寄り道をしたことをおぼろ気に思い出しました。国立民族学博物館(民博)が開館
(昭和52年=1977年)してから今年で30年ということを先日の新聞で読みました。寄り道して見に行ったのは、開館してから間がない1年
ないし2年後だったと思うので、昭和53年か54年のことと推測されます。
とても大きく立派な建物で、展示の仕方も当時は珍しかった仕切りや陳列ケースを使わないオープンな展示でした。展示物も珍しい物が一杯
あって、半日足らずの時間では全部を十分に見られなかったことを思い出しました。

先ごろ亡くなられた黒川紀章さんの設計による地下1階地上4階の大きな建物です。
e0100772_2231267.jpg

e0100772_22311474.jpg

世界中から収集された様々な仮面が展示されています。
e0100772_2233755.jpg

カンボジアかビルマの人形でしょうか、忘れました。
e0100772_2239423.jpg

これはインドネシアでしょうか、恐ろしげな顔をしています。
e0100772_224012100.jpg

本当に見ていて飽きることなく、興味は尽きませんでした。もう一度、行きたいものです。
(Asahi Pentax SP,SAKURACOLORⅡ、Canon MP810)

にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2007-11-13 22:43 | 想い出の日々


<< スナップショット 岡山城と後楽園 >>