夕月かかりて

昨日、一昨日と、ほっと一息つけるような暖かさでしたが、今日はまた寒さが戻って、寒風が頰や耳に痛いほどに吹き付けていました。札幌は道路の
雪はほとんど消えましたが、大麻の団地内ではまだツルツルの凍った路面が所々に残っています。杖をついた老婦人が駅へ行こうと家を出て
何メートルか歩き始めましたが、諦めて戻っていかれました。

e0100772_21164615.jpg

写真の説明の代わりに、例によって下手くそな短歌を一首
             冬の道 家路を急ぐ トラックを
                見守るように 夕月かかる


(Caplio GX100)

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2007-11-27 21:24 | 風景


<< 見つめる マイケルの指定席 >>