晩秋の根釧原野

多少、季節が前後しますが、平成14年(2002)11月中旬に撮した根釧原野と、遙かに見える山なみです。中央が西別岳、その左に少しだけ
摩周岳が見えて、ずっと遠くに見えるのが斜里岳ではないかと思います。
(摩周岳ではなくて雄阿寒岳、斜里岳ではなくて雌阿寒岳であると、「北の端っこフォトログ」の瑠璃さんから教えていただきました。訂正します)
一見、単調に思える道東の景色ですが、四季それぞれに変化に富んだ美しい空と山と大地のハーモニーを楽しむことが出来ます。
e0100772_22343846.jpg

(Nikon Coolpix E995)
昨日、転んで捻挫したと思った手首ですが、余り痛いので今日、職場を休んで整形外科に行って診察を受けたら、骨折しているとのことです。
取りあえず副木を当て、腫れが引いたらギブスをしますと言われてがっかりです。師走の忙しい時に片手が使えないのは痛手です。orz

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2007-12-04 22:43 | 風景


<< ハクチョウを見ている姉弟 放浪時代のマイケル >>