札幌市資料館(旧札幌控訴院)

e0100772_2032134.jpg

昨日、札幌市北大通り西13丁目にある教育文化会館で開催された会合に参加した折り、昼休みにGX100を持って外に出て、何枚かスナップしました。
道路を挟んだ大通りに、札幌軟石造りの古めかしい建物に目を惹かれ、まず全景を写しました。逆光はGX100の弱点、フレアーと白飛びが盛大です。
案内板には「札幌市資料館」とあります。正面に回って車寄せポーチの屋根に不思議なレリーフがありました。
e0100772_21163854.jpg

目隠しをした女性が中央に、そして左右に天秤。これを見てこの建物の前身は裁判所であっただろうと推測されました。果たして「札幌控訴院」との浮き彫り
があります。
e0100772_2126923.jpg

ネットで調べたら、大正15年(1926)に建設された「札幌控訴院」(高等裁判所の前身)とのことで、目隠しをした女性は女神であり、天秤は公平、剣は
正義を表しているとのことです。当時の人々の裁判に対する期待と心意気が伺えるようです。それに引き換え、現代の裁判所といったら・・・
(Caplio GX100)

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2007-12-22 21:36 | 札幌


<< 札幌市教育文化会館のオブジェ 雪の表情-その2 青い影 >>