札幌市教育文化会館のオブジェ

e0100772_22302850.jpg
(Caplio GX100)
札幌市教育文化会館の前庭に置かれている彫刻というか、オブジェです。タイトルや作者名がどこかに表示されているのでしょうが、分かりませんでした。
二つの立方体がやや不安定な形で積み重なっています。一方は荒々しさが残っていて、もう片方は内部が刳りぬかれて円い窓が開けられ、しかも中は
赤く彩色されています。なかなか面白くて、見ていて飽きませんが、日射しがあるとはいえ、冷たい風に凍えそうで、早々に会館内に戻りました。

昨日は週一回の診察日で、レントゲン撮影をしてからギプスをいったん外し、腕を洗ってから新しいギプスを巻いて貰いました。
「折れ方が良かったから(!)順調に治っているけれど、もう一週間は固定しておいたほうがいい」そうです。orz  果たしてギプス無しでお正月を迎えられるのか?

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2007-12-23 22:50 | 札幌


<< 30年前のクリスマス・イヴ 札幌市資料館(旧札幌控訴院) >>