冬のカラス-その2

e0100772_21171812.jpg
(Nikon Coolpix E995)
冬木立にカラスの群れがとまっています。繁殖期にはつがいで縄張りを持ち、離れて生息していますが、それ以外の時期には群れで生活している
ようです。ただし、繁殖年齢に達しない若鳥たちはいつも群れているとのことです。より優秀な遺伝子を遺すためには繁殖で競わせ、次の繁殖のために
より多くの個体数が必要な時は、群れて助け合う-とても合理的な習性だと思われますが、これもまたDNAの力が発揮されているのでしょう。

野生のカラスの寿命を調べるのはとても難しいそうですが、足環での記録で14年というのがあるそうです。飼育では20年ほど生きるそうですが、野生
での平均寿命は7~8年くらいとのことです。繁殖期以外も一夫一妻で過ごすと書かれた本もあり、写真の中のカラスもペアでいるのが多いように
見えますが、どうでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2007-12-27 21:57


<< 2007年12月28日の札幌の様子 金色に輝く架線 >>