吹雪が去って

e0100772_23171952.jpg

e0100772_23173592.jpg
(Nikon Coolpix E995)
年末・年始の忙しい時期に発達した低気圧が北海道に進んできて、交通機関などに大きな影響を及ぼすことがままあり、「年末低気圧」とか
「クリスマス寒波」と言われています。今年は「年末」の方がやってきまして、江別でも朝から湿った雪が10cmほど降り、午後から雨に変わって
夕方まで降っていました。道路はわだちと水溜まりでぐちゃぐちゃです。これが凍るとまた大変です。

低気圧が日本海の方からオホーツク海に抜けると北海道の日本海側や道北地域が大雪、逆に北海道の南側から道東沖に抜けると十勝や道東
方面で大雪になります。南を通る低気圧は春先に多いのですが、最近は今日のように冬の始めでも見られるようになりました。十勝や釧路・根室
でかなりの雪が予想されていますが、大丈夫でしょうか。

写真は、平成16年(2004)1月12日、前日の猛吹雪が収まった後の中標津で撮影。この時も北海道の南側を通って、道東沖で猛烈に発達した
低気圧による大雪で、北見では1m以上も降って「北見豪雪」と名付けられました。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2007-12-29 23:46 | 風景


<< 朝焼けの空 2007年12月28日の札幌の様子 >>