雪の降る街

e0100772_2241814.jpg
(Caplio GX100)
雨降りの時には傘をさすのが当たり前ですが、雪の時には傘無しが北海道では常識でした。粉雪がコートに降りかかっても、さらさらと落ちて
濡れることは無かったからです。しかし、最近は雪降りにも傘をさす人が多くなりました。それは、湿雪が降ることが多くなって、濡れてしまうからです。
これも温暖化の現れの一つなのでしょう。
e0100772_2295939.jpg

雪降りに風が付くと信号待ちの時もつらいものですが、職場へ着くまで肩をすくめながら、ひたすら辛抱です。しかし、降りしきる雪と雪の積もった
道路にも拘わらず、果敢に自転車で通勤する勇敢な人もいます。温暖化が進むと冬でも自転車の人が増えるのでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-01-19 22:28 | 札幌


<< 帽子とマフラー 本当によく降ります >>