郵便ポスト

e0100772_2251941.jpg
(Caplio GX100)
最近ちっとも見かけなくなったと思っていたら、意外と身近な場所にありました。いつも通勤で側を歩いている西武デパートの玄関脇にひっそりとそれは
立っていました。円い郵便ポスト、それは何となく郷愁を感じる存在で、いうなれば映画「三丁目の夕日」の時代を思い起こさせるためかも知れません。
昔は郵便ポストと言えば円いものと決まっていました。インターネットもeメールも、携帯も無い時代で、遠くの人との連絡には手紙を書いてポストに投函
するのが普通で、長距離電話は高かったから非常の時にしか使わなかったものです。
年賀状を別とすれば、ほんとうに手紙を出すことがほとんど無くなりました。年に数回あるかどうかです。食品ばかりでなく、人とのコミュニケーションも
手軽にeメールを使うように、だんだんとインスタントになってきたのかもしれません。インスタントばかりに頼っていると、冷凍餃子のように毒が紛れ込む
恐れが無いとはいえません。もう今だって迷惑メールが山ほど出回っているのですから。

そういえば、今日は23日、「ふみの日」だそうです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-02-23 23:16 | 札幌


<< 冬の釧路港 チェリストとバイオリニスト >>