自然の造形

e0100772_19221843.jpg
(Canon EOS 30D、SIGMA 70-300mm F4-5.6 MACRO)
今日は朝から雲一つ無い快晴で、積もった雪がどんどん融けていました。昼間に融けた積雪の表面が夜に凍って、翌日にまた融けてを繰り返すと
人間の手も及ばないような複雑な形が出来てきます。
e0100772_19554793.jpg

陽の光を受けて、クリスタルガラスのように輝いて見えます。また、マクロレンズを通してアップで見るとその精巧さとともに、いろいろなものが想像
されます。上の写真の左側には人が立っているように見え、さらに想像が発展してバルタン星人に見えてきました。
e0100772_2032620.jpg

一方、右端には蛇が大きな口を開けて光の玉を飲もうとしているように、真ん中には大きな鼻を持った象、または豚のように見えるのですが・・・
何が見えるかは人それぞれだと思うのですが、自然の業というのは面白いです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-03-08 20:09 | 自然散策


<< 光る海 初めての札幌ドーム >>