朝里岳と余市岳

先日、しまってあった古いネガフィルムをスキャンするまで、自分が朝里岳に登ったことをすっかり忘れていました。そんなわけでいつ頃のことかも
定かではないのですが、おそらく昭和50年から52,3年の頃かと思われます。
e0100772_239794.jpg
(Nikonos Ⅱ)
朝里のスキー場から登り始めたようです。今なら定山渓の札幌国際スキー場から登った方がずっと近いのですが、当時はまだ出来ていませんでした。
はるか遠くに余市岳の山頂が、早く登っておいでよ、と顔をのぞかせています。
e0100772_2313378.jpg

朝里岳の付近は樹氷がきれいでした。お天気は快晴で、絶好の山スキー日和でした。
e0100772_2317546.jpg

e0100772_23203942.jpg

朝里岳を越えると余市岳が見えてきました。あたり一面、木もほとんどない平らな大雪原です。
e0100772_23224961.jpg

余市岳の山頂が眼前に聳えています。稜線がくっきりと浮き出ています。斜面は雪崩そうな感じで雪が積もっていました。この後どうしたのか、
余市岳に登ったのか、またはここから引き返したのか、全く記憶がありません。もったいないことです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-03-14 23:28 |


<< イマジネーション 毅然として >>