早春の海

e0100772_20441245.jpg
(Asahi Pentax SP,Super Takumar 50mm)
昭和51年(1976)3月の某日、積丹半島の古平町の海岸で撮った写真です。雲一つない快晴で、空も海も素晴らしくきれいな色をしていました。
ややうねりは高く、白波が次々と寄せては返しを繰り返していました。その合間を縫って流れ昆布を拾っている人がいました。
この頃の海浜はまだプラスチックのゴミなどはなくきれいでした。
e0100772_2054982.jpg

上の写真の反対側(左手)です。丸山岬と古平町の市街地が見えます。
太陽からの角度によって海は群青色だったり、エメラルドグリーンだったり変化しますが、甲乙つけ難くどちらもウットリするほどきれいでした。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-03-24 21:01 | 風景


<< 昭和45年・中標津-その2 芽生え >>