馬追運河のハクチョウ

e0100772_2125333.jpg
(Caplio GX100)
今年もまた長沼町の馬追運河にハクチョウを見に行きました。大麻は渡り鳥たちの飛行コースから外れているらしく、渡りのシーズンになっても
滅多に姿を見ることが出来ません。そのため、毎年この時期になるとハクチョウを見るために馬追運河に行くのが恒例になっています。
先週の半ばから続いていた曇雨天もようやく終わって、今日は朝から快晴です。今年は例年よりも雪解けのペースが早く、現地に着くまで、まだ
居るかどうか不安だったのですが、沢山のオオハクチョウたちに会うことが出来ました。
e0100772_2140451.jpg

今年の運河は例年よりも水量が多いようで、ハクチョウたちも泳ぎやすそうでした。見物に訪れる人数も去年より多く、川岸に降りて餌をやっている
人もいます。数日前にはハクチョウの群れに混じって渡ってきた一羽の黒鳥が見られたそうです。
e0100772_2146769.jpg

川下に幼鳥が一羽だけ離れていました。親鳥とはぐれてしまったのでしょうか。なんだか動きがおかしいように見えます。怪我をしているのかもしれません。
ちゃんと飛んで北へ帰れるのかどうか心配されます。
向こうに見えるのは運河と旧千歳川を仕切る水門です。今日は上がっていますが、大雨などで旧千歳川の水位が高くなった時には閉まり、
右側の揚水機場のポンプで運河の水を排水するようになっています。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-03-30 21:56


<< ふきのとう マクロレンズ >>