北大キャンパスで見た水芭蕉

e0100772_21122181.jpg
(Caplio GX100)
今日、「北海道の寒さを利用する」をテーマとした講演会が北海道大学の百年記念会館で開催されたので聴きに行きました。久しぶりの北大はずいぶん
変わったところと、昔とあまり変わっていないところが入り交じっていました。
変わったのは近代建築のビルディングの校舎が増えたことや、中央ローンに流れる小川の周辺がきれいに整備されて、公園のようになっていたことです。
変わらないのは農学部や理学部の古い校舎や、クラーク会館がまだそのままの外観をとどめていたことです。
百年記念会館の横にある池の畔に数株のミズバショウが咲いていました。今年はじめて見たミズバショウです。環境があまり良くないのか、花が小ぶりです。
e0100772_21431070.jpg

別の花はかわいそうにちょっと痛んでいました。日に焼けたのでしょうか。でも、やはり可憐で清楚な花です。
e0100772_21471345.jpg

池の様子です。石灯籠があって一見、和風庭園の装いですが、周囲の建物との釣り合いがとれていないようで、少し違和感があるようです。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 花ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-04-10 21:52


<< 早春の北大キャンパス 苔の洞門 >>