やさしく包まれて

e0100772_2153844.jpg
(Caplio GX100)
最初に見た時は単に折りたたまれた葉が、これから広がるために膨らんでいるのかと思ったのですが、だいぶ開いた葉と葉の間には小さな花の蕾が
隠れていました。
まるで赤ちゃんを愛おしんでいるように、大きくなるまで何枚もの葉でやさしく包んでいます。やがて花を咲かせて実を付けて、未来を託すのですね。
この木の名前はナナカマドです。秋に赤い実をたくさん付けているのは見ているのですが、こんなに小さな蕾の時は初めて見ました。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 花ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-04-21 22:45


<< 道庁の庭でお花見 エゾエンゴサク(蝦夷延胡索) >>