40数年前のお花見-続き

e0100772_21232473.jpg
(Olympus Pen-S)
「花より団子」で、お花見といえば宴会です。宴会には余興がつきものです。余興といっても明治・大正時代のバンカラ気風がそのまま残っている寮なので、
やることはやっぱり武骨そのものです。
応援団に太鼓は必需品です。何かあれば必ず太鼓を叩き、歌い、かつ踊ります。
e0100772_21263884.jpg

木製のビール箱(今のようにプラスチック製のコンテナーになったのはいつ頃からでしょうか?)を列べて即席の舞台として、リーダーの指揮の下で、
応援団が激しく舞い踊っています。腰にさげた手ぬぐいもバンカラの必須アイテムでした。
e0100772_21145046.jpg

宴会も佳境に入り、とうとう応援団長が舞台に立ち、扇子を持って華麗なる演舞を披露しました。折悪しく小雨が降ってきましたが、ものともせずに踊ります。
遠巻きに他の花見客が面白そうに見ています。花を見に行って、逆に見られていた感じです。
e0100772_21355299.jpg

寮生には折り詰めとビール1本が支給されました。飽食と飲み放題が普通の現代からすると、実にささやかなお花見の宴会ではありますが、それでも
これだけ幸せな気分になれたのでした。精神的には豊かな時代だったのかもしれません。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-04-29 21:53 | 学生時代


<< レンテンローズなど、庭の花 40数年前のお花見 >>