家族で登った駒ヶ岳

昭和58年(1983)、道南の大野町(現在の北斗市)に転勤して2年目の夏、家族で駒ヶ岳に登りました。
まずは登山口にて記念写真を撮りました。天気は快晴、絶好の登山日和です。名峰、駒ヶ岳の姿が美しいです。
e0100772_215493.jpg
(Asahi Pentax SP,Super Takumar 50mm)
樹林帯はすぐに切れて、まばらに植物が生えているだけで、大小の石を敷き詰めたような場所を登っていきます。
e0100772_220914.jpg

ひたすら登る一方の山道に、3歳の次男坊はギブアップ。仕方ないのでおぶって登りました。今は失われた若さが、この時は十分にありました。
e0100772_2225585.jpg

ようやく馬の背まで登ってきました。背後に見えるのは剣が峰、子ども連れで登るのは無理なのでここが終点です。
みんなの満足してうれしそうな笑顔を見ることが出来て、疲れが吹っ飛びます。
月の表面のような荒涼とした景色が、この山が火山であることを実感させます。
e0100772_22101821.jpg


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-05-26 22:14 |


<< 家族で登った駒ヶ岳-2 ライラックの季節 >>