牧歌の像

札幌駅南口に設置されている「牧歌」というタイトルの彫刻です。これも北海道出身の彫刻家、本郷新さんの作品です。
座って角笛を吹いている男性と立って子羊を抱いている男性を両側に配して、中央に3人の女性が立っています。
手にはそれぞれポプラの若木、トウモロコシ、スズランを持っているようですが、よくよく見ないと分かりません。
e0100772_22423755.jpg
(Caplio GX100)
駅への通路から少し外れているためあまり目立たないのか、足を止めている観光客が少ないようです。
少し前に降った雨のおかげか、付いていた鳥の糞が落とされてきれいになっていました。でもすぐに汚されてしまいます。
鳥たちにこの像の由来を言って聞かせても無理か・・・。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-06-19 22:50 | 札幌


<< フランスギク ニセアカシアの花が咲いています >>