階段

少子高齢化が進んでいる日本ですが、私が住む大麻はその先端を歩んでいます。
東京オリンピックの開催と時を同じくして昭和39年(1964)に団地の造成が始まり、札幌のベッドタウンとして発展を続け、一時は2万人を越すまでになりました。
それから40年を過ぎた今、団地内を歩いてもお年寄りばかりが目立ちます。一年経つと一歳分、着実に高齢化の階段を上がっていきます。
e0100772_2354087.jpg
(Canon EOS 30D、TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO)
櫛の歯が抜けるように空き屋と空き地が増え続けていますが、最近になって少しずつ新築される家が目につくようになりました。
私の住む町内だけでも5軒の建築工事が進んでいます。環境や交通アクセスはいいのですから、地価が下がれば若い家族も移ってこれると思います。
[PR]
by kitanonezumi | 2008-08-20 23:13 | 人物


<< 秋空 威嚇 >>