北空港

e0100772_22422263.jpg
(Pentax Optio S、平成15年(2003)9月に撮影)
いましも日が沈もうかという時間帯、斜光を受けてどことなく寂寥感が漂う北の空港(中標津空港)です。
東京羽田空港に一往復、札幌丘珠空港に三往復と、一日に4往復しかありませんが、根室地域の人にとっては重要な交通アクセスです。
燃料費の高騰で経営が苦しい航空各社は地方便を次々と切り捨てにかかっています。
採算がとれなければ止めるのは企業の論理としては当然なのかも知れませんが、公共交通機関としての気概もなく、公益性とは何?ということですか。
国土交通省も新幹線が10分おきに走っているような所に、さらに巨額の税金を投じて飛行場を新設するのをやめて(静岡や神戸)、
地方における空の便を守ることを考えれば、よほど喜ばれるのにと思います。
[PR]
by kitanonezumi | 2008-09-10 22:46 | 風景


<< 子育 夕映 >>