乗合自動車

e0100772_22312118.jpg
(Caplio GX100)
JR北海道バスが今年から運行している札幌市内観光循環バスです。その名も「ぶらりサッポロ観光バス」といいます。
昔懐かしいボンネットバスの形をしていますが、車両は新しく作られたようです。「三丁目の夕日」のヒットで昭和30年代が注目されていますが、
それにあやかりたかったのでしょう。でもあまり雰囲気は出ていないと思います。どうせなら徹底的にレトロな形にした方がいいのに・・・。
たぶん、改造費が高くて出来なかっただろうと思われます。
一日の仕事を終えて車庫へ回送中のところを、帰りのバスを待つ間に運良く出くわしたので、あわててGX100を取りだしてパチリです。

汚染米(事故米)の転売事件
このところ連日、報道が続いている汚染米が転売されたニュースを見ていて、いったい人はどこまで阿漕になれるのだろうかと、あきれてしまいます。
まさに儲けるためならタブーはなく、その考え方ややり口はまさに暴力団の”しのぎ”と同じですね。善良そうな人がやるのだから、より恐ろしいです。
産地を偽装したり、他の肉をまぜたりと、食品にからんで阿漕な人達が沢山いますが、食用でないものを食用として売ったという点で、
これまでの偽装とは質的に異なる悪質さです。悪事の発覚後に会社はすぐさま従業員を全員解雇して解散を図りましたが、
そのような逃げを、絶対許したら駄目だと思います。会社も法的には”人”なのですから、「ごめんなさい、私は消えます」なんて認められませんよね。

それにしても管理・監督する役所が96回も検査に出向いて見抜けなかったなんて、情けない話ですね。
接待を受けていたとは思いたくありませんが、全く仕事をしていないのと同じですね。これまでの給料を返還してもらうのがいいのでは?
[PR]
by kitanonezumi | 2008-09-13 23:04 | 乗り物など


<< 豊作 風流犬 >>