秋祭

e0100772_21251342.jpg
(Caplio GX100)
昨日、今日は大麻神社の秋祭りです。朝から合図の花火が威勢よく打ち上げられていました。
「子どもにお祭りを見せなければならない」とのことで、昼から出かけてきました。1歳2ヶ月の子どもよりもかみさんの方が張り切っていたようです。
大麻神社は大正8年に現在の場所に本殿と拝殿が造営されたのが始まりだそうで、5柱の神様が「開拓祖神」として祀られています。
e0100772_21365137.jpg

境内もお社も小さく屋台の数も両手で足りるほどですが、大勢の子ども達がお祭りの雰囲気を楽しんでいます。
大麻にもこんなに子どもがいたのかと少し安心しました。四季を通していろいろなお祭りが催されていますが、昔ながらの伝統のある
秋祭りの素朴さと、夏が終わって冬へと向かう一抹の寂しさが漂う雰囲気が好きです。
e0100772_2147064.jpg

どこの秋祭りでも奉納相撲大会が付き物かと思います。男の子だけでなく、女の子同士の対戦もありました。なかなか元気がいいです。
勝った子はノート、負けた子は鉛筆を貰えたようです。
e0100772_21531514.jpg

神社の裏手では剣道の奉納試合が行われていました。相撲は自由参加でしたが、こちらは剣道少年団?による試合です。
袴の下に見えるスポーツシューズがご愛敬ですね。
[PR]
by kitanonezumi | 2008-09-15 21:58 | 街の風景


<< 永続 豊作 >>