廃船

e0100772_22272812.jpg
(Nikonos II、カラースライドをCanon MP810でスキャン)
陸に打ち棄てられた廃船ですが、何故か中央にたてられた柱に小さな旗が海からの風になびいていました。
沖をゆく漁船の目印にでも使われているのかも知れません。
ここに置かれてからどれくらいの月日が経っているのでしょうか。オホーツクの厳しい風雨にさらされて朽ち果てるまで長くはないでしょう。
それでも舳先は一直線に伸びる水平線に向かって、今もなお航海をしているかのようです。
昭和45年(1970)の初秋に小清水町の海岸で撮った一枚です。
[PR]
by kitanonezumi | 2008-09-24 22:48 | 風景


<< 開拓村 綿羊 >>