開拓村

旭岳と利尻山に初冠雪の便り、後一ヶ月もしたら麓でも初雪ですね。
毎年のことながら、この時期がいちばん憂鬱で気持ちが萎えそうです。
でも、北海道の開拓に入った人達はもっと切ない思いでこの季節を迎えたことと思います。
それを考えたら、今の時代に泣き言をいっても仕方ないですね。

先週の土曜日に40数年ぶりに会った寮の先輩と「開拓の村」へ行ってきました。
旧札幌停車場を復元した建物が入り口のゲートになっています。写真は裏から撮ったものです。
e0100772_22161611.jpg
(Caplio GX100)
旧開拓使札幌本庁舎の外観を再現した建物です。開拓使札幌本庁舎は開拓使顧問ケプロンの構想に基づき明治6年(1873)に建てられたましたが、
築後5年目の明治12年、火災のため焼失したそうです。
道庁赤レンガ庁舎とよく似ていますが、緑と白の外装が爽やかで洒落ています。
e0100772_22231325.jpg


麻生新内閣が発足
自分の仲間やお気に入りを集めたという感じです。それに政治家の2代目、3代目が多いですね。封建時代に逆戻りしたかのようです。
いつまでの任期になるのか先行きが不透明ですが、ともかく任にある間は各大臣ともまともに仕事をして欲しいです。
[PR]
by kitanonezumi | 2008-09-25 22:31 | 建物など


<< 開拓村Ⅱ 廃船 >>