e0100772_226948.jpg


今ごろになってようやく分かったのかと言われそうですが、最近のマスコミ、とくにテレビのワイドショーや特別番組は悪すぎます。
物事の一面のみを故意にかつ憶測を加えながら過大に取り上げて、いたずらに危機感を煽りたてて見る人を不安にさせています。
例えば新型ウィルスによるインフルエンザが明日にでも蔓延して、多くの死者が出るようなシナリオをいかにも本当らしく見せています。
渡り鳥がウィルスを運んでいることや、ウィルスが変異することは今に始まったことではなく、昔からあることです。
スペイン風邪が大流行した時代とは疫学的知識や医療技術が全く違うのに、それを無視して同列にあつかったりしています。
地球温暖化や世界的経済不況についても悪い部分だけを取り上げて、世界の終わりが来るようなことを報道しているのは
まさにノストラダムスの予言と同じレベルかと思います。視聴率本位でセンセーショナルでさえあれば良しとするマスコミ報道に惑わされることなく、
偏らない状況認識と冷静な判断が必要なのだと考えます。
[PR]
by kitanonezumi | 2008-12-10 22:40 | 札幌


<< 一年 停留所 >>