高感度撮影

e0100772_2252658.jpg
(Canon EOS-30D ISO1600 f3.2 SS1/25)
今月の5日からさっぽろ雪まつりが始まっています。雪像の制作中に雨が降ったり、雪が降ったりして大変だったようですが、
なんとか開会にこぎ着けたようで、関係者のご苦労をねぎらいたいと思います。
私の住む団地の町内会でも、さっぽろ雪まつりに協賛して?住宅前の雪山に穴を掘ったり、バケツで氷を作ってろうそくを立て、
雪明かりのイルミネーションをしている家がところどころで見られます。
最近のデジタル一眼レフカメラの新製品はISOが6400、機種によってはそれ以上に設定して超高感度で撮影ができるとのことです。
夜間でもストロボ無しで手ブレを気にしないシャッター速度で撮影が可能になるとは羨ましい限りです。
我が愛機のEOS-30Dがどれくらい高感度撮影が出来るかを試してみました。ISOを上限設定値の1600にして雪明かりを撮りました。
結果はノイズの多いザラザラした写真となり、ISOが800くらいで限界かと思われました。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-02-07 23:15 | カメラと機材


<< 黄連雀(キレンジャク) 地吹雪 >>