カテゴリ:旅行( 431 )

二条城と 《息をする花(808の漢字)》


京都へ行った時の続きです。
金閣寺を見た後、まだ時間があったのでホテルまでの途中にあった二条城に寄りました。

きらびやかで立派な門が出迎えてくれました。
時間があったら彫り物などをゆっくりと見たかったのですが、時間に追われて通り過ぎました。
e0100772_23034279.jpg
二の丸御殿です。
書院造りのけっこう地味な建物ですが、木造建築としては意外と広いです。
大政奉還を発表した場所として二条城が歴史に残ることになりました。
閉館間際の時間ですが、まだ多くの観光客がたむろしていました。
e0100772_23034208.jpg
観覧時間の終了を告げる放送にせかされて、駆け足で向かった出口の近くで驚かされました。

e0100772_23034131.jpg
チェ・ジョンファという韓国人のアーティストの作品だそうです。
《息をする花(808の漢字)》というタイトルは、後でネットで調べたのですが、
まさに息をしているように動くのです。
見た目はちょっと不気味ですが、子ども達は触って喜んでいました。


息をする花(808の漢字)

[PR]
by kitanonezumi | 2017-10-20 23:17 | 旅行

金閣寺

9月末から10月上旬にかけて3泊4日の日程で京都へ行ってきました。
会合の合間を縫って、かみさんと子どものために観光スポットを訪ねました。
京都は初めてというかみさんにとっては、どこへ行きたいか聞いても決められないので、
取りあえず有名なところとして金閣寺は?と聞く、と見たいというので行ってみました。
期待どおりのきれいな庭園に、金色に輝く舎利殿「金閣」に目を奪われました。
ということで、見慣れた観光写真ではありますが・・・
e0100772_23035815.jpg
池の反対側の撮影スポットには人垣が出来て、順番待ちでした。
一方通行の順路も人の列で、外国人の観光客もずいぶん目立ちます。
さすが京都の有数な観光スポットですね。

e0100772_23033841.jpg



[PR]
by kitanonezumi | 2017-10-17 23:31 | 旅行

函館旅行-3

北海道新幹線の現在の終点である新函館北斗駅と、その駅前で観光客のお迎えをしている「ずーしーほっきー」です。
北斗市の公式キャラクターとして平成25年にデビューした「ずーしーほっきー」は、ゆるキャラというより、キモカワイイ感じです。
モデルはホッキ貝の握り寿司とのことですが、その特異な風貌ゆえに注目を浴びているようです。
はこだて未来大学の学生さんたちが主となって考案したデザインとのことですが、まさしく私たち老年からは到底でてこない発想でしょう。
e0100772_21203585.jpg


[PR]
by kitanonezumi | 2017-09-25 21:21 | 旅行

函館旅行-2

五稜郭公園へ行って見ました。
ほぼ、7年ぶりです。当時よりも賑やかで、観光客も増えているようです。
新幹線の効果でしょうか?
子どもに五稜郭の全体像を見せたくて、五稜郭タワーに上りました。
e0100772_21423550.jpg
東京スカイツリーよりもずっと低いけれど、展望台での気分は同じです。
お天気が良かったので、五稜郭の全体をはっきりと見ることが出来ました。
公園の中を歩いている人が、ゴマ粒のようです。
e0100772_21423481.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2017-09-17 21:45 | 旅行

函館旅行ー1

先週末の9日から10日に函館へ行ってきました。
道央高速道を走って途中、有珠SAで昼食をとった時間も入れて約4時間半のドライブで函館に到着しました。
昔の一般道だけを走って6時間余りもかかっていたことを思えば、時代の変化を実感しました。
二日間ともとても良く晴れて、お天気に恵まれた旅行でした。
翌朝、函館駅横の連絡線埠頭から函館山がきれいに見えました。
e0100772_23082731.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2017-09-13 23:10 | 旅行

水戸常磐神社

水戸偕楽園の入り口前に常磐神社があります。
この日は七五三の参詣に多くの親子連れで賑わっていました。
e0100772_21584555.jpg
北海道に住んでいる人間には、11月とは思われないほど木々の葉が茂っていました。
神社の入り口には狛犬さんがいて、それを写真に収めるのが恒例になっています。
ここの狛犬さんもけっこう貫禄がありました。
e0100772_21590667.jpg


[PR]
by kitanonezumi | 2017-03-04 22:04 | 旅行

水戸市秋景

11月は北海道では既に初雪が降っている時期ですが、北関東の水戸市はまだ晩秋の最中でした。
イチョウ並木がきれいに色づいて、若い人たちが記念写真に興じていました。
e0100772_22034158.jpg
うろこ雲が浮かぶ青空に、紅葉とススキの穂がとてもマッチして、晩秋の風情がいっぱいです。
e0100772_22034605.jpg
千波湖の湖岸に植えられている桜の木はすっかり落葉していましたが、土曜日とあって散策する人で賑わっていました。
野鳥たちが餌をねだっていました。
桜が咲く季節にまた来てみたいと思われる風景です。
e0100772_22033568.jpg


[PR]
by kitanonezumi | 2017-02-22 22:15 | 旅行

千波湖

水戸市の中央を流れている桜川に沿って整備されている散策路を行くと、千波湖という
湖に行き当たります。
千波湖(せんばこ)は、茨城県水戸市にある那珂川水系であり、千波湖と桜川水戸城の南側の外堀の役目を果たしていたそうです。
e0100772_22223676.jpg

湖の周回は3,000m。並木もありジョギング散歩のコースとして親しまれています。
湖に沿って歩いて行くと、水面にゆりかもめが浮いていました。
e0100772_22223594.jpg

千波湖にはユリカモメ以外にもいろいろな鳥を見ることができます。
なかでも黒鳥が目をひきました。
白鳥を見慣れているので、黒鳥は新鮮でした。
e0100772_22223622.jpg


                                                          


[PR]
by kitanonezumi | 2017-02-19 22:38 | 旅行

桜川(水戸市)

ブログの更新をさぼっていた昨年11月に茨城県の水戸市へ行ってきました。
水戸市は30年ほど前に行ったことがありますが、その時は3月の春まっ盛りでした。
晩秋の北関東はまた違った趣があって、楽しい旅でした。

泊まったビジネスホテルのすぐ側を流れていたのが桜川です。
e0100772_22345729.jpg
桜川は、水戸市の中心市街地を貫流し、那珂川に合流します。
「まちの顔・まちの誇り」として、ふるさとの川整備事業が進められていると
いうことで、両岸はコンクリートで護岸されているのですが、その両側の堤防
には遊歩道と櫻並木が整えられています。
e0100772_22350997.jpg
遊歩道にはジョギングに励む人や、散歩を楽しむ人が見られる一方、
川面にはカモが泳いでいました。
桜の葉が紅葉していましたが、春には花見の人で賑わうことと思われます。



[PR]
by kitanonezumi | 2017-02-18 22:41 | 旅行

湯けむり

e0100772_21445917.jpg

阿蘇山から琉球列島を経て台湾北端のタートン (大屯) 火山まで達する火山の連なりが霧島火山帯です。
霧島市はその真ん中にあるので、至る所に湯けむりが上がっています。
道路の側で盛大に煙を上げている場所もあり、硫化水素の臭いが漂っていました。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-11-12 21:51 | 旅行