「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:建物など( 76 )

ワールドビジネスガーデン

e0100772_21273635.jpg


自然の景色が好きですが、都会のこんな眺めも好きです。
千葉県千葉市美浜区の幕張新都心にあるワールドビジネスガーデンです。
1991年に完成した地上35階地下1階 のツインタワーの建物です。
(2001年9月15日 撮影)
[PR]
by kitanonezumi | 2014-10-04 21:34 | 建物など

ながいも工場

帯広のJA川西が運営しているながいも工場を見学しました。
生産農家が持ち込んできたながいもを洗浄し、規格ごとに選別し、梱包してトラックに積み込むまで自動化されています。
まさに、ながいも工場です。

運び込まれた土付きのながいもがベルトコンベアーに乗って流れてきます。
一本ずつトレーに乗せられて洗浄工程に運ばれます。
e0100772_22101973.jpg


きれいに洗われて、コンピューターで長さや重さの規格別に分けられたながいもが、段ボール箱に詰め込まれます。
全部がベルトコンベアーによる流れ作業です。
e0100772_22134390.jpg


最終工程はロボットがながいもの入った段ボール箱を、規格別に振り分けてフォークリフト・パレットに乗せていきます。
次々と流れてくる段ボール箱を、素早くかつもくもくと積み込んでいくロボットに感心しました。
e0100772_22252431.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-09-29 22:27 | 建物など

語らい

e0100772_2251782.jpg


芽室町の芽室駅前プラザ(めむろーど)で見た「語らい」というタイトルの彫刻です。
作者の中村俊昭さんは小樽生まれで、現在は帯広市に在住している画家・彫刻家です。
向かい合った少女と少年はどんな話をしているのでしょうね。
素朴で微笑ましい姿は好感が持てます。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-09-16 22:59 | 建物など

北海道百年記念塔

先週の土曜日、家族で野幌森林公園へ行き、北海道百年記念塔まで往復しました。
往復で5kmくらいで、私とかみさんにはちょうどいい距離でした。
もっとも、子どもは自転車ですいすいと先行していましたが・・・

森林公園の林を抜けると、広々とした空間に記念塔が立っています。
e0100772_21325236.jpg

あいにくの曇り空でしたが、記念塔の濃い茶色がより深みを増して見えました。

1968年(昭和43年)に北海道開道百年を記念して着工され、 1970年(昭和45年)9月 に竣工しました。
北海道の開拓から100年ということで、塔の高さは100mとなっています。
塔のデザインは北海道今金町出身の井口健さんによるもので、全国公募による299点の中から選ばれました。
遠くから眺めた全体像ばかりでなく近くから見る形も趣があって、いわゆる絵になる姿をしていると思います。
e0100772_21433053.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-06-11 21:44 | 建物など

ほっかぶり

「ほっかぶり」、それとも「ほっかむり」でしょうか。
地方によって言い方が違うようです。
どちらも、「頬かむり」がもともとの言葉だとのことです。

e0100772_21263814.jpg

今はダウンジャケットにフードが着いていて、吹雪の時でも大丈夫ですが、
昔は吹雪の時にはほっかぶりがいちばんでした。

年末の帰省客の交通が心配されていた今日の暴風雪でしたが、幸い一部を除いて大きな乱れは回避されたようです。
江別でも時折り視界が10mほどに吹雪いた時もありましたが、総じてそれほど酷くはなりませんでした。
吹雪の時には、わが家の門灯もほっかぶりをします。 ^^
(ただし、写真は2008年の時のものです)
[PR]
by kitanonezumi | 2013-12-28 21:35 | 建物など

お地蔵様

11月は今日で終わり、明日からいよいよ師走です。
明日は我が家の子が通っている幼稚園の生活発表会(=学芸会)です。
来春には小学校へ行くので、最後の生活発表会となります。
撮影担当として「失敗することの無いように!」と、山の神から厳命を受けていますので、これから撮影機材のチェックをします。
e0100772_2251130.jpg

お地蔵様、正式には地蔵菩薩は子どもの守り神とされています。
ふつう右手に錫杖(しゃくじょう),左手に宝珠を持っているのですが、写真のお地蔵様は宝珠だけです。
たぶん何かの理由で錫杖は別の場所に保管してあるものと思われます。
仏教徒ではない私ですが、お地蔵様だけは信じたい気がします。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-11-30 23:01 | 建物など

北海道米のふるさと

かつて北海道米は鳥も食べない「鳥またぎ米」と馬鹿にされていました。
農林水産省は、北海道では米を作らせないようにしようかと真剣に考えていました。
そんな屈辱をバネにして、農業試験場、農業団体そして農家が北海道米の品質向上を目指して頑張ってきました。
そして今、北海道米は府県の「コシヒカリ」や「あきたこまち」と肩を並べるまでに美味しくなりました。
そんな北海道米を生み出した試験場の一つが道立上川農業試験場です。
e0100772_22304190.jpg

研究庁舎の前に、稲束を頭上にさし上げて誇らしげに立つブロンズ像は、「豊穣」と名付けられた 坂 坦道さんの作品です。
e0100772_2238713.jpg

庁舎の背後には、真夏でもなお残雪をいだいた大雪連峰の山々です。
四季折々に素晴らしい眺望に恵まれた上川農業試験場は、北海道米のふるさとです。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-08-09 22:42 | 建物など

リーゼント

強い風雪が吹き荒れた後には、あちこちでトップをリーゼント・スタイルで格好良く決めた家々が見られます。
こうした傾向は、とくに無落雪屋根の家に多いようです。
e0100772_201423.jpg

エルビス・プレスリーや横浜銀蝿のヘアースタイルで有名なリーゼントは、本当はポンパドールと云うそうですね。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-01-31 20:21 | 建物など

気息奄々・・・

・・・とはちと大げさですが、連日の降雪に追われての雪かきと雪運びに頑張りすぎて、久々にかなりの腰痛に襲われてバッタしていました。
水曜日から3日間ほど、ひたすら寝床で横になって安静を保っていたのですがなかなか痛みが治ましません。
もしかして椎間板ヘルニア?と思って、整形外科医に行きましたが背骨の周辺は正常とのことで、やはり筋肉痛でありました。
痛み止めの薬と湿布のおかげでしょうか、昨日あたりからだいぶ楽になって、明日からまた復帰しようかと思います。
寝ている間は、かみさんが雪かきと雪運び、犬の散歩と大活躍でした。
私と同じにバッタするのではと心配していたのですが、「火事場の○○力」なのか、今のところ大丈夫そうです。
やはり加齢を実感し、団地の戸建て住宅から札幌のマンションへ移っていく方々の気持ちがよく分かったような気がします。

e0100772_20541980.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-01-27 20:55 | 建物など

農畜産物直売所

e0100772_20523985.jpg

北広島市にある「くるるの杜」で、「農村レストラン」とともに冬期間も営業している「農畜産物直売所」です。
さすがに冬ですので、道産の農産物はじゃがいもや豆類、リンゴなどで、野菜はカボチャの他は府県産がほとんどでした。
e0100772_21191617.jpg

牛や豚などの畜産物は新鮮で良いものが売られていると、同行の人が話していました。
全体的に値段も一般のスーパーよりも安めに設定されているとのことで、そのせいか近所から買い物に来た主婦の姿も目立ちました。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-01-11 21:20 | 建物など