カテゴリ:空や雲など( 121 )

いつの間にか、9月に

e0100772_22290971.jpg

ふと見上げると、空いっぱいにうろこ雲が広がっています。
暑かった夏が終わって、いつの間にか9月に、もう秋が始まっていると思わされます。
このブログに最後にアップしたのは3月の終わりで、それから半年近くも経っていました。
気を取り直して、少しずつでもアップを再開していこうかなと、考えています。





[PR]
by kitanonezumi | 2017-09-07 22:36 | 空や雲など

おぼろな朝日

後二日で4月というのに、外は名残の雪がしんしんと降っています。
21時を過ぎた今、3cm位も積もっているでしょうか、
そんなお天気の前触れのように、今朝はおぼろな朝日が昇っていました。
e0100772_21175004.jpg
まぁ、明日になって日が照ればすぐに融けてしまうのですが・・・


[PR]
by kitanonezumi | 2017-03-30 21:23 | 空や雲など

春の空を飛ぶ

お墓参りの時、頭上から軽やかな発動機の音が聞こえてきました。
空を見上げるとモーターパラグライダーが2機、滑るように近づいて来ました。
e0100772_22452156.jpg
春まだ浅き青空の中を飛ぶのは、さぞかし気持ちのいいことだろうと思われました。



[PR]
by kitanonezumi | 2017-03-23 22:55 | 空や雲など

昨日の朝焼け

2月も20日を過ぎて、夜の明けるのがだいぶ早くなってきました。
6時ころにはもう空が白み始めて来ます。
昨日は久しぶりにきれいな朝焼けを見ることが出来ました。
気温は-10℃を下回ってかなり寒かったのですが、きれいさに惹かれて撮ってみました。
e0100772_22203683.jpg


[PR]
by kitanonezumi | 2017-02-24 22:25 | 空や雲など

昼の月

e0100772_23175057.jpg
スキー講習を受けている子どもが乗ったリフトを見ていたら、よく晴れた
青い空にうっすらと白い月が見えました。
良いコントラストで撮るのが難しいです。

[PR]
by kitanonezumi | 2017-02-16 23:21 | 空や雲など

秋・・・ですね。

ぼんやりと時を過ごしていたら、いつの間にかもう季節は秋になっています。
お彼岸なので父母の墓参りに行きました。
お線香を上げ終わって、空を見上げるとススキの穂が風に揺れていました。
秋の空に夏の名残の雲が浮いていました。
e0100772_21220951.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2016-09-24 21:23 | 空や雲など

風のせめぎ合い

e0100772_21411629.jpg


先月に行った鹿児島からの帰りの飛行機で見た、不思議な雲の形です。
たぶん、正反対に向かい合う風のせめぎ合いの境目を示す雲ではないかと思うのですが、さて?
[PR]
by kitanonezumi | 2015-11-25 21:47 | 空や雲など

機上の夕焼け

富山からの帰途、成田空港を離陸後に機窓から夕焼けが見えました。
e0100772_20514121.jpg


飛行機が進んでいくと、夕焼けは後ろの方になってしまいました。
それでもエンジンカウルの下半分が赤く染まっているので、夕日がまだ沈みきっていないのが分かります。
e0100772_20573052.jpg


この夕焼けが、地上ではどんな風に見えたのか、興味深いです。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-10-12 20:59 | 空や雲など

機上から見たわた雲

e0100772_2220733.jpg

新千歳空港から成田空港へ向かう途中で見えたわた雲。
まだ形成途中のようにも見えますが、ちぎれた雲がふわふわと浮かんでいました。
いつもは下からしか見ていないわた雲ですが、上から眺めると新鮮に思えます。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-10-09 22:29 | 空や雲など

秋の夕空

e0100772_21202321.jpg


”夕空晴れて 秋風吹き・・・” という歌がぴったりくる秋の空です。
スコットランド民謡が元となっている唱歌「故郷の空」は、明治時代に翻訳・発表されています。
外国の曲ではありながら、私たち日本人の心情にも良くあっていると思います。
翻訳(大和田建樹)が素晴らしかった、ということですね。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-09-09 21:32 | 空や雲など