カテゴリ:風景( 128 )

春が間近い峠道


お彼岸ですので、墓参りに行ってきました。
この冬は例年よりも雪が少なかったこともあって、雪解けがかなり進んでいました。
このままのお天気で推移すれば、3月中にも融雪期となりそうと思われました。
峠から見える景色から、春がもうすぐそこまで来ているなと感じました。

e0100772_21183545.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2017-03-20 21:24 | 風景

今年も

3ヶ月間、ブログの更新をさぼると休止状態とされる・・・と思われるので、
取りあえずつなぎの更新をします。
定年退職後の二度の務めを終えて、今はすっかり暇になったはずなのですが、
予想外の雑務に追われて、余裕のない日々を過ごしています。
もちろん、加齢による処理能力の衰えもあるのですが、緊張感を失ったとも
考えられます。とはいいながらも、やはりブログの更新くらいは続けたいと、
今年もぽつりぽつりと、その日その日の写真をアップできるようにしたいと
考えております。

この冬、1月から子どもにスキー講習を受けさせるために、土曜日または
日曜日に岩見沢市にある北海道グリーンランドへ通っています。
朝の9時に自宅を出て、道央高速道を約20分走ると岩見沢に着きます。
子どもが講習を受けている間、ロッジで本を読んだりして待っています。
スキーヤーとスノーボーダーが半々くらいです。

e0100772_23532581.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2017-02-14 23:54 | 風景

観覧車

2016年、最初の書き込みです。

e0100772_21431766.jpg


観覧車はスタートの場所で乗って、一周してゴールするのはスタートと同じ場所です。
そして、また一周が始まります。
まるで、私たちの一年と同じような気がします。
1月にスタートして、一回りして12月がゴールです。

観覧車を見ると、中島みゆきさんの「時代」という歌を思い出します。
・・・
まわるまわるよ 時代はまわる
喜び悲しみくり返し
・・・

新年早々、国の内外で不安な思いをかきたてる幾つもの動きがありますが、
何とか、平穏で過ごせる一年であって欲しいと願います。

写真は、岩見沢市にある北海道グリーンランド遊園地で撮ったものです。
冬期間は遊園地は休みで、代わってスキー場として賑わっています。
[PR]
by kitanonezumi | 2016-01-11 22:02 | 風景

春を招く融雪剤散布

e0100772_21302918.jpg


田畑に融雪剤が散布されているのを見ると、いよいよ今年の農作業が始まったことを感じます。
どれだけ省力的にかつ万遍なく散布するかということは、けっこう難しい作業だと思います。
その結果が美しい幾何学模様となって、春よ来い、と招いているように見えます。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-03-02 21:37 | 風景

春を待つ石狩平野

e0100772_21184854.jpg

我が家の子はこれまで3回のスキー講習を受けて、だいぶ滑れるようになりました。
そんな子に付き合って、私も再びスキーをすることになりました。
昔取った杵柄とはいいながらも、自分用のスキーを捨ててスキーに乗らなくなってから既に20年近くになります。
先日、リサイクルショップへ行って中古のスキー板とブーツを買ってきました。
そして今日、岩見沢のグリーンランドのスキー場へ行きました。
老骨にむち打って、おそるおそるではありますが、身体は滑ったり曲がったりすることを忘れていませんでした。

リフトに乗って山頂へ上ったら、そこからは石狩平野が一望できました。
例年に比べて今年は雪が少ないとのことですが、まだ田畑はいちめん雪に覆われていました。
すぐそこにまで来ている春を待っている風情の石狩平野でありました。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-03-01 21:32 | 風景

シリパ岬

e0100772_21392466.jpg


積丹半島の付け根に位置するシリパ岬です。
黄昏の海に長々と突き出した岬の向こう側に沈んだ陽の残光が、山の端を際立たせ、海面を薄く染めています。

「シリパ」とは、アイヌ語で「海中に突き出す山の頭」を意味するそうです。
フゴッペ洞窟の近くの海岸から撮影しました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-05-26 21:57 | 風景

豊作の予感

先週の金曜日に所用で旭川と比布に行ってきました。
快晴で照りつける日差しがじりじりと肌を焼くように暑く感じられました。
春の不順なお天気で農作物の作柄が心配されていましたが、7月の好天と高温経過で水稲はの作況は平年並みになっています。

比布町の水田では、もう稲穂が垂れ始めていました。
8月に入っても連日の真夏日で、このままでいけば豊作が期待できそうです。
e0100772_2052712.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-08-08 20:53 | 風景

ガントリークレーンとコンテナ船

先日、小樽へ行った帰り道に石狩新港に寄ってきました。
石狩新港は石狩湾のほぼ中央に位置し、小樽市と石狩市にまたがる重要な港とのことです。
埠頭が5カ所あって、積み荷の種類で分けられているようです。
花畔埠頭ではガントリークレーンがコンテナ船にコンテナーを積み込んでいました。
e0100772_2205794.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-08-07 22:01 | 風景

雪国暮色

e0100772_20283777.jpg

「暮れなずむ」と言うにはまだ少し早い気がしますが、だいぶ日の暮れるのが遅くなってきました。
仕事からの帰り道、先週の初めにはまだ暗かったのですが、昨日・今日はオヤ!と思うほど明るさを感じました。
秋口の日が短くなっていく頃に比べて、日が長くなっていくのを実感できる季節はいいですね。
それでも街灯がともり、車がヘッドランプを点けて雪道を行くのを見ると、つい人恋しい気持ちになります。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-01-17 20:39 | 風景

サイロのある冬景色

e0100772_2126831.jpg

昨日に続いて”くるるの杜”でのワンショットです。
久々にスカッと晴れ上がったお天気で、遠くの山なみもくっきりと見えます。
市街地から離れているためか、積っている雪も真っ白です。
サイロはどんな風景でも絵になるのですが、雪景色の中ではいちだんと映えて見えます。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-01-09 21:29 | 風景