<   2007年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

家畜とふれ合う

都会の子供にニワトリの絵を描かせたら足が4本あった、という話を聞いたことがある。真偽のほどはともかく、さもありなんと思われる。
ケンタッキーフライドチキンは大好きなのに、ニワトリは見たことがないという子供が大勢いるのではないだろうか。
十勝管内の新得町という所に道立畜産試験場がある。明日、8月1日に場内を一般の人に見てもらう「公開デー」が開催されるとのこと。
どんなことをやるのかを知りたくて昨年の8月、その公開デーを見に行った。夏休みということもあってたくさんの子供達が父母と一緒
に来ていた。人気があったのは羊・牛肉の試食と、ひよこや子豚とふれ合うコーナーだった。

今、札幌などで美味しいと人気が出てきた「北海地鶏」という焼き肉、焼き鳥用の品種がある。それはロードアイランドレッドという品種と
シャモ(軍鶏)-下の写真-を交配する
e0100772_23122065.jpg

産まれてきた雌鳥に名古屋種-下の写真-という品種の雄を交配させると「北海地鶏」ができあがる。
e0100772_231444.jpg

子供達はひな鳥を手にとって大喜び。
e0100772_23162741.jpg

強く握ると苦しいから、そーっとね・・・
e0100772_2317314.jpg

当日の暑さに、子豚たちはすっかり疲れておねん寝だ。
e0100772_23185339.jpg

(Pentax Optio-S)
こうしたイベントを通じて、子供達が自分たちの「食」と「家畜」と「生命の大切さ」を考えるようになってくれたらと思う。
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-31 23:24

空のキャンバス

27日から28日未明にかけて激しい雷が鳴り響き、我が家の犬が2頭とも怖がって「クゥーン、クゥーン」と悲鳴をあげていた。情けないorz
その後に続く雨音に「久しぶりのいいおしめりだ」と思いつつ夢の世界に落ちた。干ばつ気味の畑にはまだ足りない雨量ではあったが、乾ききった
作物達には無いよりあった方がいい。
久方ぶりの雨で空気中の塵も洗われたためか、昨日、29日の空は素晴らしく青く澄み、秋を想わせる筋雲が縦横無尽に展開していた。
まるで空をキャンバスにして、白い絵の具で鮮やかな絵が描かれているような感じで、しばし見とれていた。なんだか心が洗われる気がした。
e0100772_22595446.jpg

e0100772_230329.jpg

e0100772_2304343.jpg

e0100772_2305421.jpg

e0100772_231921.jpg

(Canon EOS 30D、EFS 17-85mm IS,PLフィルター使用)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-30 23:02 | 空や雲など

セイヨウオオマルハナバチ

国民の厳しい審判を受け止めはするけれども、これまで進めている政策の推進に努める、とはいったいどういうことなのだろうか。進めている
政策が駄目だから議席が激減したのに、その結果を認識しようとしない人の耳には、国民の声は届かないのか。誠に遺憾としか言いようがない。

この春から我が家の庭に咲く花にセイヨウオオマルハナバチがしきりに飛んできている。道の環境局では自然環境の保全のために、このハチを
駆除しようとボランティアを募集している。ビニールハウスのトマトなどの受粉をさせるために輸入されたものが、野外へ逃げ出して野生化したの
だ。確かに在来種への影響はあるのかも知れないが、人間の側の一方的な考えで「必要」または「不必要」とされているハチも気の毒に思われ
るが、そんな状況とは無関係に庭に飛んでくるセイヨウオオマルハナバチは一生懸命に蜜と花粉集めに精を出している。
e0100772_232324.jpg

裏庭のガクアジサイにはお尻が黄色のエゾオオマルハナバチが来ていた。
e0100772_23292049.jpg

同じ木にお尻の白い「じゃぱゆきさん」も来ていた。
e0100772_23264161.jpg

(Canon EOS 30D、EFS 17-85mm IS)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-29 23:31

雲の柱

夏至から1ヶ月が過ぎて、日が沈むのが目に見えて早くなった。帰りの電車を降りて自宅までの道、もう日が沈もうとしている。
中標津ではほぼ毎日でも見ることが出来た夕焼けが、江別では滅多に見ることが出来ない。空気が違うのだろうか?今日の空も
ほんのわずか、おしるし程度に赤くなっているだけだ。空の左手上空にはおかしな雲がたちあがっていた。
e0100772_21455578.jpg

おかしな雲の先を見ると、なんと柱のように立ち上がっていた。いや、正確には横に広がっているのだが、上空に向かって立って見える。
e0100772_21483939.jpg

しばらく歩いて振り返ると、柱が太くなって倒れてくるように見えた。教会はたまたま写っているだけで雲とは関係がない^^;
e0100772_21524530.jpg

(Caplio GX100)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-27 21:53 | 空や雲など

ケシ-芥子

政治家が自分の事務所の経費について領収書を公開できないということは、やましいことがあるのか、または他の政治家に累が及ぶのを
恐れているのか。しかし、その使途についてきちんと国民に説明する義務があるはず。何故なら、その経費は私達の税金から出ているの
だから。領収書を公開するのが嫌なら、政党交付金をもらわなければいいのだ。政治家達は企業や団体からの政治献金に頼らない代償
として税金を食い物にしているのではないのか。社会保険庁が国民の年金資産をつまみ食いしているのと同じではないか。腹が立つこと。
後3日で参院選の投票日、先日の北海道新聞のコラムに”悪い政治家を国会へ送り出すのは、投票に行かない善良な市民達・・・”、
”良いと思う人や政党がなければ、少しでも悪くない方を選べば”という趣旨の意見が載っていた。珍しく良いことを言っているとおもった。
諦めることなく、日曜日には投票に行こうか。

上とは関係なく、今日の写真は我が家の庭に咲いているケシの花。どぎついまでに鮮やかな赤色もあれば、ふんわりとして頼りなげな薄桃色
もある。しかし、芥子坊主の形はよく似ている。
e0100772_22542743.jpg

(Canon EOS 30D、EFS17-85mm IS,クローズアップ・フィルター使用)
e0100772_22552558.jpg

(Caplio GX100)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-26 22:56

通勤お写真-その2

昨日、今日と朝からカンカン照りで暑い。江別では真夏日にはもう少し手が届かなかったが、本格的な夏の到来を思わせる。畑はやや干ばつ気味で
雨が欲しいところだが、総じてほとんどの作物の生育は順調のようだ。豊作で穫れすぎると価格が下がって痛し痒しの面もあるけれど、やは
りせっかく苦労して作っているのだから、穫れないよりも穫れる方がずっといい。

今日も通勤お写真ということで、札幌駅からバス停までの間でのショットをアップ。
今週からオープンした駅前広場でのビア・ガーデン、夕方からの本番を控えてひっそりと待機中。
e0100772_22563427.jpg

交通安全協会の方々が「交通安全」を呼びかけておられます。
e0100772_22581055.jpg

通勤時間の喧噪とはほとんど無縁なビルの谷間の路地。夕方には人通りが多くなる。
e0100772_22595673.jpg

(Caplio GX100)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-25 23:00 | 札幌

風景四題

GX100を入手してから写真を撮る枚数が確実に増えた。外出した時はほぼ100%持ち歩いているし、ちょっといいなと感じた風景などに
出会った時、さっと取り出してカシャカシャと数枚は撮っている。夜になると早々にパソコンに落として、独り善がりの自己満足の時間となる。
必然的にブログにアップする写真もGX100で取ったものが多くなって、昔の写真を引っ張り出してスキャンすることも最近はあまり無い。
もうしばらくはGX100と遊んで、いずれ落ち着いてきたらノスタルジーの世界も楽しもうと思う。

先週、あちこちと出歩いた時に写した4つの風景をアップする。
まずは、札幌の月寒にある北海道農業研究センターの風景、逆光気味でちょっと色が冴えない。
e0100772_2324331.jpg

同じ場所からみた札幌ドームの風景
e0100772_234978.jpg

母を見送りに行った帰りに通りかかったキカラシの畑(恵庭市)。曇天で空の色はないが、一面の黄色は鮮やかだった。
e0100772_2374813.jpg

そして、我が家の近くの小公園の風景。
e0100772_2312525.jpg

(Caplio GX100)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-24 23:14 | 風景

通勤お写真

お散歩写真家と自他共に認める原 康という人が書いた「お散歩写真のススメ」という本を買った。まだパラパラと見た程度だが面白そう。
町をブラブラ散歩しながら面白いと感じたものを、気軽にメモ代わりに撮る。肩の力を抜いて、写真を撮ることを楽しむことが一番、とのこと。
このところ、週末の休みも雑用でつぶれがちで、なかなかお散歩写真を撮りに行く余裕が無い。仕方がないので、通勤の行き帰りにでも
撮ることが出来ればと、カバンにはいつもカメラを入れている。名付けて、「通勤お写真」を心がけている。GX100を入手してから、その手ごろ
なサイズで出し入れしやすいせいもあって、これまで撮れなかった場所でも気軽にシャッターを押せるようになったような気がする。

朝の通勤バスの車内で、さりげなくスナップ・ショット
e0100772_22461798.jpg

e0100772_22465149.jpg

車窓から職場へと急ぐ人達を撮ってみた。
e0100772_22474986.jpg

札幌の街の中でも、時代の流れに取り残されたような路地がある。こんな風景は白黒が合うのではと思って・・・。
e0100772_22503622.jpg

(Caplio GX100)
「通勤お写真」を楽しむことが出来れば、通勤もさして苦ではないかも。
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-23 22:55 | 街の風景

ノシメトンボ

今日は久しぶりに朝から気温があがり、湿度も高めで今年の夏では初めて蒸し暑さを覚えた。江別のアメダスでは14時に26.8℃でようやく
夏日だ。このところの涼しさに身体が慣れてしまっていたから、かけだしの夏日でも暑く感じてしまう。モードを切り替えなければ。

先週から江別ではトンボが飛び始めた。昨年はいつ頃に初見したのか忘れてしまったが、なんだか今年は数が多いように思われる。庭で目に
つく全てがノシメトンボだ。翅の端が黒くて、子供のころにはクルマトンボと呼んでいた。植物や支柱の先に留まって動かないので、写真は撮り易い。
e0100772_2352071.jpg

真正面からクローズアップ。風にあおられても翅でバランスをとってしがみついている。
e0100772_2365476.jpg

上の2枚も含めて、クローズアップ・フィルターのNo.3を買ってEFS17-85mm、ISに着けて撮っている。EFS60mmマクロを持ってはいるの
だが、持ち歩きとレンズ交換が面倒なので、トンボくらいの大きさのものを撮るには便利だ。
今年の最後のシラン(紫蘭)に留まっていたので写した。よく見ると右側の複眼が凹んでいる。何かにぶつかったのか?不便ではないのだろうか?
e0100772_23154245.jpg

(Canon EOS 30D、EFS17-85mm IS,クローズアップ・フィルター使用)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-22 23:17

タチアオイ

今日の午後、所用があって札幌の円山西町という場所へ行った。札幌もこの辺りまでくるとけっこう奥深いというか、円山公園からどんどん
坂を登って、山の中腹まで住宅が建っていて、その奥は森になっていて行き止まり。札幌の街並みが一望できて眺めは抜群だったが、大雨
が降ったら少しこわいかな?車がずらーっと路上駐車していて、人がたくさん歩いているので何かなと思ったら、夏の高校野球南北海道大
会の準決勝の日だった。朝からの霧雨も上がって、良いコンディションで試合が出来て良かったね。

タチアオイ、この花が咲くと夏だなと感じる。札幌でも江別でも住宅の庭先や空き地でよく見かける。意外と雑草のようにたくましい花なのかも。
かみさんにこの花の名を尋ねたら、「こけこっこ花」と答えた。子供の頃に、花びらを採って鼻の頭につけて遊んだそうだ。
e0100772_22214619.jpg

ハイビスカスの仲間だそうだが、近くで見ると確かにそれらしい形をしている。
e0100772_2222589.jpg

夕方の光で接写したら、ちょっと幻想的で柔らかな雰囲気に撮れた。レタッチ無し。
e0100772_22212959.jpg

(Caplio GX100)
[PR]
by kitanonezumi | 2007-07-21 22:23