「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

タンポポモドキ

6月も今日で終わりですね。早い、早いと言ったらよけいに早くなるのではと思って、言わないようにしていたけれどやはり早かったです。
e0100772_22574117.jpg
(Canon EOS 30D、TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO)
近所の公園に小さな斜面があって、そこにタンポポモドキがいっぱいに咲いていました。
e0100772_22595633.jpg

ここにもエゾスジグロシロチョウがいて、こちらは一羽で蜜を吸っています。栄養をとり、鋭気を養ってまた生存のための戦いに戻るのでしょう。
e0100772_2321948.jpg

タンポポモドキは俗称で、和名はブタナ。どちらもあまり好意的な命名ではないですね。
フランスでの俗称がブタのサラダで、それが元になってブタナだそうです。
一面に咲いていると見応えがあります。人間がつけた名前なんかを気にせずに、我が世の春を謳歌しているようです。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 花ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-06-30 23:10

エゾシロチョウ-エライことになってます

近所の公園の隣に空き地があって色んな花が咲いています。もとは住宅が建っていたのですが、取り壊されてから2年が経ちました。
ラジノクローバの花にエゾスジグロシロチョウの番が留まっています。どうやらお楽しみの真っ最中らしいです。
e0100772_22172511.jpg
(Canon EOS 30D、TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO)
そこへもう一羽が飛んできて、仲間に入れてとおじゃま虫をしようとしています。翅がだいぶ傷んでいる歴戦の強者らしいです。
e0100772_22203587.jpg

なんとか割り込もうとしていますが、そうはさせじと頑張っています。
e0100772_22222938.jpg

そこへ更にもう一羽が飛んできました。なんだかエライことになってきました。どのチョウも自分の遺伝子を残そうと必死なんですね。
e0100772_22255592.jpg

よく晴れた日のお花畑での出来事でした。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 花ブログへ




[PR]
by kitanonezumi | 2008-06-29 22:36

シラン(紫蘭)

昨年は一株しかなかったシランが今年は7,8株ほどに増えて、たくさんの花を咲かせています。
耐寒性もあってかなりランの仲間としては異例に育てやすいみたいですね。でも花の姿形は立派にランそのものです。
「増えすぎて庭中がシランだらけになってもオレはしらんぞ」とかみさんにオヤジギャグを飛ばしたりして楽しんでいます。
e0100772_2112019.jpg
(Canon EOS 30D、TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO)
今日は朝からお天気が良く、花の写真を撮るには光が強すぎて影が濃く出てしまいます。
でも速いシャッターが使えるので、多少の風に揺れていても被写体ぶれしないのは助かります。
ぐっと近づいて写したら、花びらの裏にアブラムシの有翅虫が隠れていました。
e0100772_2183885.jpg


電車とバスを使って通勤していて、いつも不思議に思うことがあります。バスにも電車にも優先席が設定されています。
バスでは座る資格が十分にある高齢者や足などが不自由な方でも優先席に座ろうとせず、普通の座席に座ってしまいます。
優先席はいつも空いたままで、一般の人が立っていることがままあります。
逆に電車では、優先席の表示があってもお構いなしに若い人や学生さんなども我先に座っていて、お年寄りが立っていることがあります。
そんな時、優先席に座っている人はたいてい寝たふりをしていますね。替わってあげたらと声をかけたらいいとは思うのですが・・・。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 花ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-06-28 21:19

クレソンの花

庭に植えていたクレソンに花が咲きました。1cmにも満たない小さくて地味な花ですが、なかなか可愛らしいです。
和名ではオランダガラシと言うそうで、クレソンはフランス名なのですね。本来は湿地や水辺で生育しているのですが、畑でも育ちます。
我が家では種から苗を育てて畑に移植しています。水辺ほどには旺盛に生育はしませんが、ピリリとした味と香りは変わらないと思います。
e0100772_234027.jpg
(Canon EOS 30D、TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO)
中標津ではたしかクテクンベツ川だと思いますが、たくさん自生していて、採りに行った人から袋いっぱいにお裾分けしてもらいました。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 花ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-06-27 23:09

エスカレート-Escalate

昨年の今ごろは雨が不足気味で植物たちの勢いがやや削がれていたようでしたが、今年は気温の高低はあるものの適度な間隔で降雨があって、
植物たちも生き生きとしています。
いつも乗るバス停前の西武デパートの壁をおおっているツタも、今年はいつにも増して精力的に領土を拡張しているように見えます。
e0100772_21135656.jpg
(Caplio GX100)
びっしりと壁を覆い尽くして不可侵のはずの窓にも触手を伸ばし、街灯はもうじき呑み込まれそうです。どん欲な生命力を感じ、畏敬の念すら覚えます。
e0100772_21182536.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ

ここ4年ほど愛用しているチューナーアンプの調子が悪くなってきました。スイッチを入れると右側のスピーカーから音が出ていません。
ボリュームを大の方へぐりぐりと何度か回してやるとようやく音が出てきます。ヤフオクで落札した中古品なので経年劣化が表面化してきたのでしょうか。
こうなると日ごろ抑えていた物欲がもりもりと頭をもたげてきて、ハードディスクを内蔵したチューナーアンプはべんりだぞ、との
悪魔のささやきがしきりに聞こえてきます。現在、迷える羊の状態です。^^;
[PR]
by kitanonezumi | 2008-06-26 21:27 | 札幌

久しぶりの夕焼け空

昨日は久しぶりにきれいな夕焼け空を見ることが出来ました。
始めのうちは雲がうっすらとピンク色に染まっているだけだったのでたかを括っていたのですが、しばらくするとどんどん赤く焼けてきたので、
散歩の途中に慌てて家に戻ってカメラを持ってきました。
団地の中からは地際は見えません。どの位置からも住宅の屋根越しにしか空は見えないのです。
それでも溶鉱炉で融けている鉄のような
白熱色に輝く空の一部を見ることが出来て、中標津にいた時に見た夕焼け空を思い出しました。
e0100772_22353191.jpg
(Caplio GX100)

GX100の後継機としてGX200が発表されました。当時は画期的と言われたGX100もわずか一年で陳腐化してしまったのですね。
GX200はいくつかの新機能と改良点を備えているようですが、当分の間はGX100を大事に使っていきたいと思います。
GX100の持っている機能と性能をまだ十分に使いこなせていないのですから。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-06-25 22:42 | 空や雲など

天気予報によると今日は「くもり後いちじ雨」でした。でも厚かった雲がお昼には薄れて、太陽が出てきました。「今日の予報は外れたね」と同僚と悪口を言いました。
夕方、大麻駅を出るとぽつりぽつりと雨が落ちてきました。西の空にはまだ日が射しているのにです。本降りになる気配はないのでそのまま家まで歩いていました。
ぶらぶら歩きながら東の空に目をやると、枝の先までいっぱいに花を着けたニセアカシアの上に虹が出ていました。
肉眼で見ているのと同じように、虹をきれいに写すのは難しいです。
e0100772_22212186.jpg
(Caplio GX100)
自宅に戻ってしばらくしてから、犬を散歩に連れて行こうと外に出ると、夕日の光の中でまだ虹が地上から地上まできれいな半円を描いて架かっていました。
虹の橋の下をくぐって、カラスが家路を急いでいました。
e0100772_22584965.jpg


Caplio GX100を買ってから丸一年が経ちました。ショット枚数は13700を超えました。いつも身近にあって写真を撮る楽しみを与えてくれています。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-06-24 23:03 | 空や雲など

プロペラ-ルッコラの花

e0100772_2210162.jpg
(Canon EOS 30D、TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO)
摘み残していたルッコラにいつの間にか花が着いていました。まるでプロペラみたいな花で、少し風が吹いたらくるくると回って飛んでいきそうです。
英名はロケットというそうで、ちょっと即物的な感じもして、イタリア名に由来するルッコラの方が雰囲気があると思います。
葉を摘んでサラダやおひたしで食べると美味しいです。ビタミンや鉄分などの栄養分が豊富に含まれているそうですが、ローマ帝国の時代には
惚れ薬の効果があると思われていたとのことで、ちょっとびっくりです。先日は、かみさんもいっぱい食べていたのに・・・^^

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 花ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-06-23 22:24

水辺のやすらぎ

e0100772_22502395.jpg
(Caplio GX100)
昨日は土曜日でしたが、札幌で開催された「地球温暖化」に関する講演会があったので参加してきました。
帰りに道庁赤レンガ庁舎に寄って写真を撮ってきました。前庭の池にはスイレンとキショウブが咲いていました。
観光客のほかにも池の畔を散策したり、キャンバスに向かって写生をしたり、水辺のベンチでくつろぐ親子などで賑わっていました。

人間の活動によって排出されるCO2がこのまま増え続けると、地球の温暖化がどんどん加速し、生態系のバランスが崩れ、
自然の動物、植物をはじめ、人間生活にも取り返しの付かない影響がもたらされます。
他人事と思わずに、安らぐことの出来る水辺を守るためにも、自分で出来ることをすぐにでもやらなければならない、と思いながら赤レンガ庁舎を後にしました。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 花ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-06-22 23:04 | 札幌

檻の中

「こっから出たいよー!」
「檻の中はいやだよー!」
e0100772_2241584.jpg
(Canon EOS 30D、EF 50mm F/1.8 SUNPAK PZ42X)
「あれー、こっちにいたのー!」
e0100772_2263017.jpg

這って動くのがすごく早くなり、掴まり立ちや伝い歩きも上手になりました。
何にでも手を出して危ないので、キッチンの方へ行けないようにフェンスをつけられてしまいました。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by kitanonezumi | 2008-06-21 22:11 | 人物