<   2009年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

早春賦

いつもの年だとこの時期にはまだ雪が残っている水田ですが、全くなくて土が乾いています。
遠くにはまだまだ白い樺戸の山並みが鮮やかです。
真ん中がピンネシリ、右が隅根尻山、左が神居尻山でしょうか(間違っているかもしれませんが)
e0100772_22434166.jpg


見た目は春の風景そのものですが、まだ吹く風は冷たくて、カメラを持つ手がこごえそうです。
「春は名のみの風の寒さや・・・」と、つい口ずさみたくなります。
レンズをを左に向けるとさらに遠くに暑寒別岳などの山並みが広がっています。
空の色も春らしい柔らかさが感じられます。
e0100772_22535285.jpg


抜本的な見直しをするはずだった「後期高齢者医療保険」がほとんど何の手直しも無いままに、明日からは激変緩和措置が終了して
多くの人がこれまでの2倍近い額の保険料を徴収されることになります。
昨年はあんなにみんなが大騒ぎをしたのに、半年も経つとすっかり忘れてしまっているかのようです。まさしく政府、官僚の思うつぼですね。
マスコミも小さく報じるだけで、もう興味はないといわんばかりで、代わって自動車の税金が下がると大きく取り上げています。
どこかの時点で、報道姿勢のギアがリバースに切り替わったのでしょうか?
[PR]
by kitanonezumi | 2009-03-31 23:02 | 風景

送水管

中津湖に貯まった水を篠津運河に排水するための管だと思います。
直径1mを超す太い鋼管が4本ならんでいると、力強さを感じます。

e0100772_22494593.jpg


また、親による虐待で幼い子どもの命が奪われました。ほんとうに痛ましくてなりません。
わずか4歳の子が言うことを聞かないからといって、どうして死ぬほどの折檻をするのでしょうか。
きまって”しつけ”のためにやったと言い訳しますが、そんな親に”しつけ”をする資格はありません。
自分たちのかかえる不満、鬱憤を子どもにぶつけているだけだと思います。
虐待の疑いとの通報が2度もあったのに、それを見過ごしていた児童相談所にも腹が立ってなりません。
起きてしまってからでは遅いのです。
子どもが被害者の場合は”疑わしきは罰する”で、拙速でもいいから迅速な保護が必要と思われます。
もう、こんな悲しいことは絶対に起きないようにして欲しいものです。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-03-30 23:07 | 建物など

柳の芽

昨日、ハクチョウを見に行った時に岸辺に柳の芽が膨らんでいました。
福寿草やフキノトウとならんで早春のシンボルです。
e0100772_21262649.jpg

ネコヤナギかと思ったのですが、よく見るとそうではないようです。
帰宅してから図鑑を見て、オノエヤナギではないかと推量したのですが、間違っているかも知れません。
いずれにしても、ビロードのような毛におおわれた柳の芽はとても可愛らしく見えます。
e0100772_21583622.jpg


千葉県の知事選挙で俳優出身で自民党に所属していた元衆議院議員が当選したとのニュース。
権力の死守に躍起となっている保守勢力の、手段を選ばない汚いやり口が実を結んだといえるのかもしれません。
新聞、テレビの報道だけを信じて、自分の頭で考えない人達の出した結論がこの結果なら、心底がっかりです。
小沢代表の説明に納得できず、辞任すべきと考える人が63%だとしたら、不支持率が70%を超している首相も辞めるべきだと思います。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-03-29 22:10 | 自然散策

羽ばたき

e0100772_22141646.jpg

今日は江別市篠津にハクチョウを見に行ってきました。
何羽くらいいるだろうかと期待して行ったのですが、午後2時頃で時間帯が悪かったのか、10数羽しかいなくてちょっと残念でした。
でも、さかんに羽ばたきをして迎えてくれました。今度は早朝か、夕方にでも来てみようかと思います。



[PR]
by kitanonezumi | 2009-03-28 22:26 | 自然散策

三月の空

e0100772_2215029.jpg


最新の世論調査では、麻生内閣の支持率が23%に上昇したとのことです。
結局は検察を使っての小沢バッシングが上手くいったということです。まるで絵に描いたようです。
日本の国民はなんて単純で操作しやすいのか、とほくそ笑んでいる人達がいます。
総選挙までにあと何度か似たようなことをやれば、何とかなるかも知れないと・・・
[PR]
by kitanonezumi | 2009-03-27 22:09 | 札幌

一年前

e0100772_22421237.jpg

ちょうど一年前に着ていたオーバーオールです。
このころはようやく這うことが少し出来るようになったばかりでした。
今では、長靴を履いて走り回っています。
大人では一年が経ってもほとんど変わりがないのに比べて、子どもの一年はすごいということを、改めて実感します。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-03-26 22:51 | その他

帰宅時間

e0100772_2234546.jpg

春分の日が過ぎて、だいぶ日が長くなってきました。午後5時半ころで、街角をスナップ出来る明るさです。
一日の勤務を終えて帰宅する人の列が信号待ちをしています。
札幌駅前通りではまた一つ、新しいビルの建設工事が始まっています。三井ビルの建て替え工事と思われます。
不況がますます深まる中で、林立するクレーンに力強さを感じてほっとします。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-03-25 22:49 | 札幌

好奇心

1歳と8ヶ月、この年齢になると子どもは好奇心の塊のようです。
外に出て、目に入る見たことのない物は全てが珍しく、まず触って、次に手にとって確かめます。
場合によっては口にもっていくので、まったく目が離せません。

e0100772_22223593.jpg


成田空港で起きた航空機の着陸事故の様子は衝撃的です。
やはり、離着陸の時がいちばん危ないですね。
亡くなった乗務員は気の毒ですが、もし旅客便だったらと思うとぞっとします。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-03-23 22:28 | 人物

カラマツ林

e0100772_20501267.jpg

久しぶりにすかっと晴れた青空に浮かぶ白い雲。ようやく春の訪れを実感できる日和です。
カラマツが空に向かって真っ直ぐに伸びています。
カラマツ林が萌える若葉で薄緑色に包まれるまで後一ヶ月です。

20日の春分の日、お墓参りに行った時に撮った写真です。
ふだんの年だと40cmくらいの雪を掘ってからお参りしなければならないのですが、
今年は雪がほんとうに少なくて、持参したスコップを使う必要がありませんでした。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-03-22 21:00 | 風景

道路元標

e0100772_2133983.jpg

赤レンガ庁舎の正門のすぐ横に、ひっそりと小さな石柱が立っていました。
これまで何度も赤レンガ庁舎に来ているのですが、見落としていました。
彫り込まれている文字は、とくに彩色されていないので読みにくいのですが、「札幌市道路元標」と記されています。

e0100772_21402587.jpg

”北海道および札幌市の道路の起終点”ということは、道路標識に”札幌市まで○○km”と書かれているのは、この石柱までの距離なのです。
大事な目印のわりには、かなり目立たない存在です。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-03-21 21:47 | 札幌