「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

籠の中

昨日と同じ、トンデンファームで飼われているチャボの親子です。
鶏冠が生え始めているヒナ達が、餌を食べたり水を飲んだりと、忙しげに、楽しげに、籠の中を動き回っています。
そんなヒナ達を愛おしげに見つめる母鶏の眼差しがとても優しく見えました。
e0100772_21255983.jpg



打算の人
自民党から出馬依頼を受けた宮崎県知事の話題で、マスコミが盛り上がっています。
最初ニュースで出馬の条件を聞いた時、元タレントだけに冗談で上手く断ったなと思ったのですが、
その後、何回か彼の話を聞くと、この人は本気で出馬するつもりなのでは、と思えてきました。
政治に打算は当たり前と、いちおう理解しているつもりですが、末期症状にある自民党の現状を「千載一遇の好機」と捉えるセンスには、
したたかさを感じるとともに、浅薄さも覚えます。
どうせ、「瓢箪から駒」でなれた知事の座よりも、あわよくば一気に自民党の中核に躍り上がることが出来れば、「柳の下の泥鰌」を狙うのも無理からぬことか?
小泉劇場のころから、政治はすっかりショーと化して、マスコミを喜ばせています。
それにしても、いつ終わるとも知れない「茶番劇」はいい加減にして、いまの生活に苦しむ人達のことを真剣に考えて欲しいものです。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-06-30 21:55 | 動物

親仔

昨日、子どもを連れて江別のトンデンファームに行ってきました。
好天の日曜日とあって、とても多くの人達が遊びに来ていました。
ここは手作りのソーセージとベーコンがとても美味しいのと、ダチョウやヤギ、ポニーがいて子どもが喜ぶので時々きます。
今年生まれの仔ヤギが何頭かいました。もう小さな角が生えてきていますが、まだまだ母ヤギに甘えています。
e0100772_22273578.jpg

もう一頭、シカに似ている茶色の仔ヤギも母ヤギに寄り添って座っていました。
毛色や姿形からして、この母ヤギの仔ではないと思われますが、なにか事情があって本当の母親から離されているのかもしれません。
白い仔ヤギがふざけまわっているのに比べて、茶色の仔ヤギは静かに座っているだけで、どことなく寂しげに見えるのは考え過ぎなのかも?
e0100772_2235339.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-06-29 22:35 | 動物

シラン(紫蘭)

e0100772_21414986.jpg

庭でシラン(紫蘭)が咲き出しました。昨年よりも花の数が多くなっています。
久しぶりにCanon EOS30Dを持ち出して撮りました。(ここのところずっとRicho CX1を使っていました)
「画質」に関しては人によって感じ方が違うと思われますし、またそれについて語るほどよくは分かりません。
しかし、一眼レフで撮った写真を見ると、やはりコンパクトデジカメとは違うなと感じます。
立体感と深みがあり、さらに言えば”味わい”があると思うのですが、もちろん個人的な感じ方に過ぎないのかも知れません。

ペンタックス K7 が発売開始
昨日、多くの人から待ち望まれていたペンタックス K7が発売されました。
ネット上では早くもたくさんのインプレッションや作例がアップされて賑やかです。
まだ今の段階ではいい、悪いのはっきりした評価は出されていません。
私も手にして使ってみたいのはやまやまなのですが、評価がある程度かたまるまで待つことにしようと思っています。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-06-28 22:04 | 植物

完全に夏

e0100772_22265172.jpg

昨日に引き続いて今日もカンカンに晴れ上がって暑い一日でした。
もう完全に夏です。
窓を開けて、素肌にポロシャツ・短パンでパソコンに向かっています。
暑いと言いながらも最高気温は27℃に達せず、34℃を超えた都府県に申し訳ないくらい過ごしやすいです。
後1ヶ月と少しくらいですが、完全な夏を満喫したい思いです。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-06-27 22:40 | 風景

花びらが散り敷く木洩れ日の道

今日の写真は文字通りタイトルのままです。
e0100772_22123499.jpg

先週末のかなり激しい風雨がニセアカシアの花びらを吹き散らしていきました。
道が花びらに被われて白くなっています。
なんだか歩くのが憚られます。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-06-26 22:21 | 自然散策

実像と虚像

e0100772_22152736.jpg

公民館の大きな窓ガラスに外の風景が映り込んでいます。
見えるのは、ある部分は実像で、他の部分は虚像です。
ふつうに見ただけでは両者が入り混ざって、どれが実像でどれが虚像なのか判りません。
それはマスメディアによって伝えられている現代社会像と同じように思えます。
ともすると、新聞やテレビの伝えることは全てが正しいと受けとめてしまいますが、実際には伝える側の取捨選択が入っていて、
全てがそのままの事実とは限りません。消息筋からの、または政府高官筋からの情報などの中には虚像が混じっているのかも知れません。
マスメディアの報道の全てを鵜呑みにすることなく、受け取る方でも自らの感性を研ぎ澄まして取捨選択する必要があるのでしょう。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-06-25 22:32 | 建物など

緑陰

e0100772_21462069.jpg

今日も朝から気持ちよく晴れました。
芝生に木の陰がおちて、涼しげに見えるようになりました。
ようやく、”夏は来ぬ”と言えるかも知れません。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-06-24 21:50 | 自然散策

歓迎青空

昨日の「青空祈願」が効いたのか(そんなわけはないですが)、今日はほんとうに久しぶりに朝から青空が拝めました。
まだ強めの風が残っていて、雲が切れ切れになってかなりの速さで流されていき、10時頃には快晴に近くなりました。
気温もぐんぐんと上がって、札幌では27℃を超えて久しぶりの夏日になりました。
このまま、夏らしい日が続いてくれればいいなと思います。
e0100772_22275291.jpg



郵政事業を食い物にしている人達
いろいろと物議をかもした日本郵政社長の続投が決まりました。結局、大臣の首をすげかえてでも護りたい人だったようです。
新聞やテレビの報道で知る限りは、かなり個人的な確執があってのもめ事のような印象が強かったのですが、実態はそうではないようです。
経済コラムマガジン」というネット雑誌の6月22日号にある「郵政各社の人事」を読んで驚かされました。
「日本の郵政事業は三井住友銀行を中心とした住友グループに支配されていると言って良い」と書かれていますが、衝撃的です。
明治政府が行った「官業払い下げ」が、現代でも行われていると言うしかありません。
財閥と政治家の汚い癒着という大きな氷山の一角が、今度の騒動で垣間見えたということなのでしょう。
呆れてものも言えない、くらいですが、黙ってはいられない気持ちです。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-06-23 22:58 | 札幌

青空祈願

e0100772_22422487.jpg

今日も朝からずっと降り通しです。
午前中は霧雨のような細かな雨が、夕方から次第に雨脚が強くなって、今はかなりの勢いで降っています。
6月に入ってから太陽を見たのはほんの数日しかありません。
5月の平均気温が記録的に高かったことの反動で、記録的な日照不足になるのではと心配です。
雨ばかり多くては、雑草だけは元気に伸びるけれど、肝心の作物の生育は遅れ気味です。
私は無信心ではありますが、なんとか、青空が戻ってきて欲しいと祈りたい気持ちです。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-06-22 22:43 | 自然散策

外道

実を言うと私は昆虫少年ではありませんでした。
トンボでもチョウでもピンを刺して標本にして飾っておいたりするのは、全く性に合っていなかったのです。
ですから、元昆虫少年たちと一緒に山へ行っても採集をすることなく、ただぶらぶらとそこら辺を歩き回っていました。
せいぜい写真に撮るくらいのもので、それすら余り熱心ではなくて、自然の山や川の近くに身を置いておくだけでやすらぎを覚えていました。
写真は、その時に撮ったフキバッタです。全く珍しくはないどこにでもいるバッタです。
e0100772_2393695.jpg

魚釣りに行って魚ではなく、蛸などを採ったりするのを外道といいます。
昆虫採集に行って昆虫以外の動物を面白がるのも外道なのかも知れません。
道端の草むらからするするとヘビが出てきました。あまり太くはないのですが、けっこう長さはありました。
ヘビのことはよく分かりませんが、写真から判断するとシマヘビではないかと思うのですが。
ヘビ嫌いのかみさんには見せられない写真です。
e0100772_23171427.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-06-21 23:17 | 自然散策