<   2009年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

洗濯日和

職場の窓から向かいに立つマンションのバルコニーが見えます。
別にのぞきの趣味はないのですが、一服している時にいやでも目に入ります。
記録的に雨の多い7月でしたが、昨日と今日は青空が顔をのぞかせていました。
いくつかのバルコニーにはこの時とばかりに洗濯物や布団などが干されていました。
e0100772_22302858.jpg



「財源は国民の税金」
民主党のマニフェストで示された子供手当、農漁業の個別所得補償、高速道路の無料化などの生活支援制度を
所得の高低に関係なく無差別に振りまいた定額給付金と同列にバラマキだと強弁し、さらに財源の裏付けがないと
自民党と公明党をはじめ、いわゆる知識人やマスコミもその尻馬に乗って批判しています。
そのことについて、実にすっきりとした説明をしてくれているブログがあります。 ->田中義紹の「国会探検」

その一部を引用しますと、「財源とは何か。国民の税金である。それを官僚がお預かりしている。お預かりしている人間に使い道を決める権限はない。
国民が使い道を決める。だから国民が支持した政策に財源の裏付けがないはずはない。足りなければ国民が支持しない政策の財源をはがせば良い。
問題は金を預かっている官僚の首根っこを国民が押さえつけられるかどうかだ。これまでの自民党には結局それが出来なかった。」

ストンと腑に落ちる気がします。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-31 22:50 | 札幌

青葡萄

昔、「ふぞろいの林檎たち」というテレビ・ドラマがありましたが、我が家には「ふぞろいの青葡萄たち」があります。
これから秋の終わりまでに一粒一粒がまだ大きくなるので、もう少し実と実の間が詰まりはしますが、お店で売っているようなきれいな房にはなりません。
きちんと剪定、摘果などの管理をせずに、ほとんど放任しての栽培ですので、実が成ってくれるだけで御の字で、贅沢は言えません。
形は悪くとも、霜が降りるくらい寒くなるまで樹に着けておくと、糖度が上がってとても美味しくなります。
品種名は「ナイヤガラ」、古くからのありふれた品種ですが、栽培しやすくて我が家向きです。
e0100772_2127261.jpg



「オオカミ少年=舛添要一厚生労働大臣」
民主党が発表したマニフェストに対して、現閣僚の面々が好き勝手なことを言っています。
自分たちのやってきたことを棚に上げて、無責任で厚顔無恥な発言を聞くと腹立たしさでいっぱいです。
そんな気持ちを代弁してくれたブログがありましたので、紹介します。->「カメラ的日乗
時間があれば見て下さいね。スカッとします。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-30 21:31 | 植物

ホバリング

雨の合間をぬってセイヨウオオマルハナバチがヒナゲシに花蜜を集めに来ました。
花にとまる前にホバリングをしながら触覚を雄しべに当てています。
花粉の量とか味を探っているのでしょうか。
それにしても上手に空中で停止できるものだと、感心します。
e0100772_2201640.jpg



「高齢者は働くしか才能がない」と決めつける麻生首相は、国民を働き蜂としか考えていないのでしょう。
自民党のマニフェストにも”高齢者が働く環境を作る”とかを盛り込むそうですが、
税金をとれる:財務省が喜ぶ
年金を削減できる:厚労省が喜ぶ
安い給料で使える:企業が喜ぶ
まさに一石三鳥のいいアイデアですね!

しかし、リストラや派遣切り、雇い止めで職を失っている働き盛りの人達をどうするつもりなのでしょうか。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-29 22:18 | 動物

エンゼルトランペット

e0100772_227423.jpg

エンゼルトランペットまたはトランペットフラワー
名前の通りにトランペットが下向きにたくさんぶら下がっているようです。
植物園などではよくみかけるのですが、ご近所でこの花を上手に咲かせているお宅があります。
北海道の厳しい冬を越させるために、冬の間は鉢上げして家の中に入れているそうです。

エンゼルトランペットという名前とラッパに似た珍しい姿で親しみやすい花だと思われがちですが、
実はキダチチョウセンアサガオ属の種類で、スコポラミンというかなり毒性の強い成分を含む有毒植物です。
樹液が眼に入ったりすると大変みたいで、そう聞くと近寄るのが恐ろしい気がします。
名前で誤魔化されてはいけない見本です。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-28 22:27 | 植物

トンボの季節

私にはトンボは真夏から秋にかけての昆虫というイメージがあります。
トンボを見かけるようになると、もうじき夏も終わって秋になると思えて、少しだけうら悲しい気持ちになります。
翅の先が黒みがかっているトンボを子どもの頃はクルマトンボと呼んでいました。
大人になって図鑑を見ると、ノシメトンボというのが正式な名前で、クルマトンボという名は俗称であることを知りました。
先週から江別の自宅周辺でも見かけるようになりました。
e0100772_22364313.jpg


今日も午後3時頃からまた雨が降りだし、夕方からかなりの強さで降り続いています。
天気図を見ると、梅雨前線が北海道にまでかかってきています。
北海道には梅雨がないのがちょっぴり自慢だったのに、裏切られた感じです。
いつになるか分かりませんが、気象庁の梅雨明け宣言に北海道も仲間に入れて欲しいです。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-27 22:50 | 動物

天道虫

e0100772_239540.jpg

昨日も、今日も雨が降ったり止んだりのパッとしないお天気です。
ここしばらく週末になると天気が崩れるパターンが続いています。
お日様の代わりにテントウムシを見て気分を晴らしましょうか。
名前の由来は、太陽(天道)に向かって飛んでいくところから、とのことですが、こんなに太陽が顔を出さないとテントウムシも困っているのでは?
e0100772_23162080.jpg

アップで見るとほんとうにきれいです。
英名がLadyBirdと付けられているのも納得できます。
羽化して間もないと思われる、ナナホシテントウです。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-26 23:19 | 動物

ガクアジサイ

e0100772_2139036.jpg

ガクアジサイが花盛りです。今年は昨年よりも花の数が多いようです。
ハナアブやマルハナバチがたくさん来ていて、競い合って蜜や花粉を集めていました。
お尻の黄色い在来種のエゾオオマルハナバチと、お尻の白い侵入種のセイヨウオオマルハナバチが、背中合わせに仕事をしています。
e0100772_2154535.jpg

周囲の装飾花が中心の両性花を額縁のように囲んでいるからガクアジサイと名付けられたとのことです。
全部が装飾花の西洋アジサイには虫たちは見向きもしません。やはり蜜と花粉があっての花だと思います。
後肢に着けた花粉が重そうですが、まだまだ集め足りないと見えて、忙しげに花から花へと飛び回っています。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-25 22:06 | 植物

スズメの母子

1羽のスズメが足もとに寄ってきて、なにやら物欲しげな様子でこちらを見つめています。
カメラを向けてもぜんぜん逃げようともしません。
e0100772_22295450.jpg

口に入りそうなものは何も持っていなかったので、やむなくその視線を無視していたら、
ややあって付近に落ちていたパンくずをくわえて、向こうの方へ飛んでいきました。
飛んでいった先を見ると、子スズメが口を開けて待っていました。
子スズメの可愛いしぐさに、焦ってシャッターを切ったのでぶれてしまいました。
e0100772_22375298.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-24 22:41 | 動物

花と虫

ドクダミの花に虫がやってきて花粉か蜜を食べています。
ドクダミは特有の臭いがするので嫌がる人が多いのですが、虫としては臭いは無視できるのでしょう。
まさに「蓼食う虫も好き好き」ですね。
e0100772_2237293.jpg


このところ、南木佳士という作家にはまっています。
きっかけはテレビで「阿弥陀堂だより」という映画を見たことで、えもいわれぬほど心をうたれて、原作本を読んでみました。
それから「エチオピアからの手紙」、「ダイヤモンドダスト」、「冬物語」・・・と次々に読んでいます。
たぶん、私がまだ2,30歳ほど若かったらこんなにのめり込んで読まなかったかと思います。
著者の考え方や言いたいことなどが、しみじみと胸に響く歳になったということでしょうか。
飾らない言葉で素直に心情を吐露しているように思える著者に、等身大の親しみを感じて、ずっと昔から知っていたような気持ちになります。
まだ読んでいない本が何冊も残されているので、もうしばらく楽しむことができます。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-23 23:00 | 植物

フランスギク

e0100772_21375269.jpg

初夏の頃、庭先や道端などどこにでもこの花が咲いているのを見かけます。
かれんで清楚な見た目とはうらはらに、雑草のように繁殖力が旺盛です。
ヨーロッパが原産で、日本には幕末のころに帰化したといわれています。
観賞用として庭や花壇に植えられていたのが、いつの間にか逃げ出して各地で野生化してしまいました。

フランスではマーガレットを呼ばれていて、日本でも最初は同じ名で呼ばれていたそうですが、モクシュンギクにその名を取られてしまいました。
なんだか気の毒のような気もしますが、お転婆のお嬢さんのイメージが湧くこの花にとっては、名前などどうでもいいのかもしれません。

今日のトップニュースはテレビも新聞も「皆既日食」でした。
江別では朝から曇り空でしたので諦めていたのですが、10時過ぎに雲が切れたすき間から太陽が顔を出しました。
慌てて色の濃いセルロイド板などを探したのですが、数分後にはふたたび雲に覆われてしまって、結局は見ることが出来ませんでした。
次の「皆既日食」は26年後だとのこと、90歳まで長生きすれば見られるのですが、ちょっと無理な気がします。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-22 21:58 | 植物