<   2011年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

禁煙補助薬

ただ今、禁煙に取り組んでいるさいちゅうです。
20歳の時からですから、45年以上もタバコと付き合ってきました。
これまでも3度ほどやめようと思ってトライしたことはあるのですが、意志が弱くてだめでした。
最近は一日10本くらいと量は減っていても、やめる気は無かったのですが、先月に風邪をひいた後に咳だけが残って長びいていました。
げほげほと咳き込む私を見てかみさんを筆頭に娘からも、そして親しい友人たちからも「タバコ、やめたら」と言われていました。
しつこく続く咳に、たまらず市内の呼吸器内科のクリニックへ行き、咳止めの薬を処方してもらいました。
さらに、そのクリニックが禁煙外来も受け付けているということで、ふと衝動的に予約をしてしまいました。
予約日に行くと、呼気中の一酸化炭素濃度や肺活量などを測られて、禁煙しますとの誓約書に署名をさせられて、ようやく覚悟が出来ました。
そして、処方されたのが「チャンピックス」という薬です。
e0100772_22434922.jpg

服用開始後一週間はタバコを吸ってもいいというのですが、私の場合5日目に手持ちのタバコが無くなったので、それから吸うのをやめて、今日で9日目です。
不思議な薬で、吸いたいという気持ちが抑えられるというか、起きなくなる働きがあるようです。
以前に試みた禁煙の時のようにいらいらしたり、吸いたくてたまらないという気持ちになりません。
私のような意志の弱い人間のために作られた禁煙補助剤の助けを借りて、なんとか今回は目的が達成出来る可能性が出てきましたが、さて・・・
[PR]
by kitanonezumi | 2011-11-30 22:54 | その他

昭和の森のカツラ

ボケボケの写真で恥ずかしいのですが・・・
相当な樹齢を重ねたカツラの巨木ですが、かなり傷みもあるようです。
開拓の始めはこんな光景の中で鍬を入れたのではないかと想像されます。
e0100772_214613100.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-11-28 21:46 | 自然散策

何ができるのでしょうか?

職場の隣にあったファミレスのガストが閉店した跡地で工事が始まりました。
またマンションが増えるのか?と誰しも思っていたのですが・・・
ちょっと様子が違うようです。
e0100772_21164696.jpg

どうやら、それほどの高層ビルではないようです。
外観の造りや、駐車場とおぼしき場所の広さからしてレストランのようです。
レストランを壊して、またレストランを造るなんて、なんだか不思議な感じがします。
e0100772_21202218.jpg

いち早く大きな看板が立ちました。
回転寿司ができるのでした。
年末・年始の稼ぎ時に間に合うように、突貫工事で建設が進んでいます。
開店したらいちど食べに行きたいですね、と同僚と話しています。
e0100772_21241259.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-11-27 21:24 | 札幌

江別市情報図書館

e0100772_20413041.jpg

活字中毒に近い私としては、いつも身近に本の二、三冊が無いと寂しくなります。
(今どき、「活字中毒」という言葉もほとんど死語なのでは、とも思いますが)
仕事で、または日常の生活で分からないことを調べるのに、今はほとんどネットで事足りることが多くなっています。
その分、図書館を利用することが減ったかというと、そうではなくてむしろ昔よりも増えていると思います。
本の値段が高くなってからは、自前で買うよりも図書館で借りて読むことが多くなったからでしょう。
ハードカバーは滅多に買わなくなり、最近では文庫本も借りることがしばしばです。
そんな私にとって、江別市情報図書館はなくてはならない施設です。
インターネットから蔵書検索や借り出しの予約が出来るのも便利で、新刊本はほとんどネットで予約しています。
しかし、ほとんどの新刊本は予約待ちが多くて、長い場合は半年も待たなければならないのがちょっと残念。
まぁ、ぜいたくは言えませんが・・・。
[PR]
by kitanonezumi | 2011-11-25 20:58 | 建物など

二本の角

まだ倒れたくはなかった木の無念な思いが、上を向いた二本の角を残したのではないか、
そういうイメージを抱かせるほどに、生々しい倒木の姿です。
e0100772_21452395.jpg

二本の角を空に突き出したその姿は、荒々しさとともに、生命の哀しさを感じさせます。
e0100772_2156439.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-11-24 21:57 | 自然散策

支え合い

e0100772_20403311.jpg

ぱっと見は、ずいぶんともつれているなと感じたのですが、
実は、倒れそうになるのをお互いの根を絡み合わせて支え合っているのでは、と思えてきました。
こうなるまでに、二本の木の間で長い相克の歴史があったのだろうと想像すると面白いです。
[PR]
by kitanonezumi | 2011-11-23 20:49 | 自然散策

DD51型ディーゼル機関車

先日、札幌駅で帰宅のための電車を待っている時、反対車線にDD51型ディーゼル機関車が1両だけポツンと停車していました。
車両の正面にエンブレムはありませんが、運転席下の胴体には寝台特急「北斗星」のマークが付いていました。
車両番号は、DD511137とあり、ネットで調べると1975年に作られたとのことです。
(こんなことまで載っている、インターネットってほんとにすごいです)
e0100772_2225929.jpg

タイミングが悪くて、カメラを取り出した時に発車してしまい、じっくりと撮影することが出来ませんでした。
「北斗星」は2両のDD51が牽く”重連”なのですが、相方のいない一両だけの姿がなにやら寂しげに見えました。
e0100772_227276.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-11-22 22:08 | 乗り物など

北大のイチョウ並木

北12条西5丁目から北大のキャンパスに入り、工学部までの300mの道の両側にイチョウ並木があります。
毎年の秋に見事な黄葉がかなり有名でマスコミでも報じられて、多くの人が見物に訪れます。
先日、用事を終えてから回り道をしてイチョウ並木を通ったのですが、既に盛りを過ぎていてほとんどの葉がおちてしまっていました。
それでも並木を縦に見ると、少しだけ残っている葉が重なってそれなりにきれいでした。
イチョウの木の根元には銀杏が落ちていて異臭を放っていましたが、それを採りに来ているおばさんやおじさんを何人も見かけました。
きっと大勢の人が採りに来た後らしく、一人当たりの採集量はあまり多くないようでした。
e0100772_21162191.jpg

イチョウの実はそのままでは銀杏ではなく、果肉を取って中の核の部分が銀杏なのです。
分かりやすく言うと、梅干しの種にあたる部分が銀杏です。
この果肉を取る作業が結構やっかいで、おまけに皮膚の弱い人は液汁が付くとかぶれます。
私も学生時代に知らずに素手で扱って、大変な目に遭いました。
イチョウは雄株と雌株があり、当たり前ですが実が着くのは雌株だけです。
すっかりと葉を落とした雌株の枝枝には、実が鈴なりに着いていました。
銀杏を目当てに来ている人たちは、それらの実が落ちてくれるのが待ち遠しいことでしょう。
e0100772_21231433.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-11-21 21:24 | 札幌

アカガシワ

柏餅に使われるカシワは北海道から九州まで広く分布する木で、実はドングリと呼ばれます。
カシワの葉は秋になると茶色に変色するだけで、いわゆる紅葉とはほど遠い感じです。
また、葉は枯れても落葉しにくくて、冬になっても枝先にぶら下がった枯葉がかさかさと音を立てて、もの寂しさをかき立てます。
一方、アメリカ原産のアカガシワはその名の通り紅葉します。といってもモミジほどの鮮やかな赤ではありませんが。
北大のキャンパスに行けば、紅葉したアカガシワを見ることが出来ます。
e0100772_22174788.jpg

木に着いている葉はたしかに赤っぽく見えるのですが、地面に落ちている葉はまさしく茶色です。
在来のカシワと比べて葉の切れ込みが深いのと、明るい茶色なので、これはこれできれいだと思います。
e0100772_22214973.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-11-19 22:22 | 自然散策

ぶあいそ別邸

初雪の昨日から時間が逆戻りするのですが、北海道大学の紅葉を続けます。
南門のすぐ近くに素晴らしい紅葉の庭園が見えました。
古びた木造平屋の民家とおぼしき家の庭です。
かなり葉が散っていますが、まだまだきれいな紅や黄の葉が残っています。
大都会の真ん中にまだこんな鄙びた空間が残っていたのかとうれしくなりました。
e0100772_21223485.jpg


帰宅してから写真をじっくり見ると、ライトアップ用の照明器が設置されています。
ふつうの民家ではないかもと、Googleマップで調べると「博多ぶあいそ別邸」とありました。
ネットで調べると博多もつ鍋や水炊きをメインとする九州料理店でした。
築100年を超す歴史的建造物をリニューアルしたとのことです。
家族または友達を誘って入ってみたい店の一つとしてマークすることにしました。
e0100772_2114151.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-11-18 21:24 | 札幌