<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

たむろするカモたち

今日、所用で北海道庁の赤れんが庁舎を通り過ぎる時に、池からあがって雪の上にいるカモたちを見ました。
渡りをすることなく一年中、赤れんが庁舎前庭の池に定住しているマガモです。
雪の上でたむろしている彼らは、さながらカモ(餌をくれる人)を待っているカモのようでした。
e0100772_22364583.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-02-28 22:37 | 動物

飾り窓?の猫

日がだいぶ長くなってきて、仕事からの帰宅の時でも辺りを見るのに十分な明るさです。
駅から自宅までの道筋で、2階の窓から外を眺めている猫をよく見かけます。
ずっと家に閉じこもっていると退屈なのでしょうか、たいていの猫は外を見るのが好きですね。
e0100772_2050337.jpg

窓から外を眺めている猫を見て、ハンブルグの「飾り窓」をつい連想してしまいましたが、
ちょっと失礼だったかな、とも思いました。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-02-26 21:01 | ペットたち

排雪作業が終了

昨日の大雪が道路いっぱいに被っていたのが嘘のようにきれいになりました。
道幅も車がゆうゆうとすれ違うことが出来るように広がっています。
さすが、雪国の町の機動力の力強さを感じます。
e0100772_22364140.jpg

ちなみに、一週間前に同じアングルで撮った写真がありました。
e0100772_22374359.jpg


今週末にまた寒波がやってきて、雪が降るとの予報です。
折角広くなった道路がまた狭くならないように、降るのはほどほどにして欲しいです。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-02-22 22:41 | 街の風景

またも大雪

昨夜の心配が現実となって、今朝は50cmを超す積雪で自宅の周囲は埋もれていました。
8時半ころでも激しく降り続いていて、どこまで積もるのか不安になるほどです。
e0100772_21482033.jpg

いいかげんに降り止んでとの願いが天に通じたか、10時を過ぎて青空が見えてきました。
深い雪をかき分けて、車が必死で走っていきました。
新雪なので車体の底をこすりながらも止まることなく(むしろ止まったらアウト)走った後の轍で雪の深さが分かります。
e0100772_21565043.jpg

札幌近郊のJR路線は千歳線を除いて全面運休を余儀なくされました。
夜になってようやく復旧したようです。
2月も下旬になって、例年なら峠を越した頃の大雪に参りました。
e0100772_224716.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-02-21 22:06 | 自然散策

カラスの成る木

e0100772_22322424.jpg

道庁の赤れんが庁舎前庭の木に、たくさんのカラスが鈴なりに成っていました。
日がだいぶ長くなったとはいえ、17時30分くらいでこの暗さです。
それぞれが枝先に落ち着くまで一頻り騒いでいましたが、ようやく静かになって眠りにつくようです。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-02-20 22:36 | 札幌

お手伝い

昨日も今日もまた、かなりの量の雪が降りました。
今朝は除雪車が置いていった雪をスノーダンプで雪捨て場になっている公園まで運びました。
我が家の子どもも小さなスノーダンプでお手伝い・・・のつもりですが、まだまだ戦力にはなりません。
いつの日か、本当に頼りになるのを楽しみにしているのですが、さて・・・
e0100772_21421561.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-02-17 21:43 | 人物

排雪作業

今日は週に一回の囲碁教室、会場の公民館へ行く途中で排雪作業に出会いました。
ロータリー除雪車が居並ぶダンプカーに次々と雪を積み上げていきます。
雪国ならではの排雪作業ですが、たいそうなお金がかかります。
除排雪のための予算が必要ない自治体と比べてハンディを負っているといえます。
e0100772_20483624.jpg

囲碁教室の帰り、排雪作業は終了していました。
排雪が終わった後の道路は、夏と同じ道幅となって広々して気持ちがいいです。
そろそろ今年の雪降りは打ち止めにして欲しいものです。
e0100772_2122661.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-02-13 21:03 | 街の風景

ダイヤモンド・ダスト

今朝7時頃の気温は-12℃くらいでしたが、快晴のお天気の下でダイヤモンド・ダストが見られました。
逆光の中でキラキラと輝きながら流れていく微細な粒子を写真に納めることは、私の技術では至難です。
私の目の錯覚ではないことの証明としてだけの意味で、お粗末ながらの一枚をアップします。
e0100772_2057355.jpg

ゴミのようにも見える、白い小さな点々がそうです。念のため・・・
[PR]
by kitanonezumi | 2013-02-11 20:59 | 自然散策

スノーボード・ジャンプ

雪像にはほとんど興味を示さなかった子どもが、ただ一つ見とれたのが3丁目広場で行われていたスノーボード・ジャンプでした。
e0100772_21325737.jpg

いい写真が撮れなかったのですが、見ていてけっこう迫力がありました。
板きれ一枚に身を託して急斜度のスロープをジャンプするなんて、スリル満点です。
最後まで転ばずに滑り終える人は3割くらいでしょうか。
よく怪我をしないものだと感心しました。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-02-10 21:37 | 札幌

見てきました、雪まつり

かみさんと子どもに引っ張られて、開催中のさっぽろ雪まつりに行ってきました。
札幌駅から地下歩行空間を歩いて大通り公園で地上に出ると雪が降っていました。
今年の雪まつりは雪降りの日が多いです。
にもかかわらず会場は人の波で、新聞でも昨年よりも見物人が多いと書いてました。
4丁目広場は、「伊勢 神話への旅」をテーマとした大雪像です。
e0100772_2230710.jpg

大きいけれど、とても緻密に、そして立体的に作られているのに感心しました。
芸術的な彫刻作品と云っても差し支えないくらいの高いレベルを感じました。
e0100772_22342484.jpg

ところが、肝心の子どもは雪像にはあまり興味を示しません。
会場内は大勢の人に踏まれるために、通路がつるつるです。
あちらこちらで転んでいる人がいます。
結局6丁目広場の「北海道 食の広場」で旭川ラーメンを食べさせて帰ってきました。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-02-09 22:39 | 札幌