「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

国立科学博物館

上野公園にはいろいろな美術館や博物館がたくさんあります。
国立科学博物館もそのうちの一つで、科学好きにはぜひ入って見たいところです。
当日は残念ながら臨時休館日で、外から眺めることしか出来ませんでした。
e0100772_2219043.jpg

右側には蒸気機関車のD51が屋外展示されていました。
最近に化粧直しされたらしくて、とてもきれいな外見です。
e0100772_2224338.jpg

そして左側にはクジラの実物大模型が建設されているところでした。
種類までは分かりませんが、そのうち子どもと一緒に見に来たいと思います。
e0100772_22333180.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-06-28 22:33 | 旅行

東京散策

昨日と今日、東京に行ってました。
昨日はずっと雨に降られて、傘を差していてもズボンが濡れてくしゃくしゃになりました。
変わって今日は朝から晴天に恵まれて、空港に行くまでの2時間ほどの間、東京を散策しました。
昨夜の宿泊地は両国です。
両国は東京駅からJRで150円と近く、かつリーズナブルなホテルが多いので、利用することが多い場所です。
JR両国駅のすぐ前に両国国技館があり、ちゃんこ鍋の料理店も多い相撲の街です。
歩道にも街路樹の代わりに横綱の銅像が置かれています。
横綱の四股名を確認しませんでしたが、多くの人がお腹を触るらしくて、そこだけ光っていました。
e0100772_2137125.jpg

朝、両国のホテルをチェックアウトしてから、上野へ出て公園で時間をつぶしました。
上野のお山からも上野駅の向こうに東京スカイツリーがはっきりと見えます。
位置関係がよく分かって、まさしく名実ともに東京のランドマークです。
e0100772_2144437.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-06-27 21:45 | 旅行

アカシアが花盛り

e0100772_2317178.jpg

自宅から駅までの道すじの林でアカシアの花が咲き誇っています。
先週から少しずつほころび始めて、今日はほぼ八分咲きといったところでしょうか。
一般にはアカシアと呼ぶものの、正式には本来のアカシアとは全く別物で、和名はハリエンジュです。
なぜニセアカシアと呼ばれるのだろうかと調べると、学名のRobinia pseudoacacia からきていることが分かりました。
pseudoacaciaのpseudoというのは偽という意味だからです。
ただし、学名でなぜ偽とつけたのか、ということまでは分かりませんでした。
e0100772_23275172.jpg

花は甘い、とてもいい匂いがします。
ニセアカシアの蜂蜜も売っています。
北アメリカ原産で、日本には明治期に導入されてから分布が広がりました。
日本生態学会は本種を日本の侵略的外来種ワースト100に選定し、論議の対象になっています。
何を今さら・・・という感じもします。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-06-24 23:34 | 自然散策

エゾニュウの森

e0100772_22112227.jpg

自宅から大麻駅までの道筋にある森では、いまエゾニュウが花盛りです。
エゾニュウは巨大な草で、高さが1mから3m近くまでなり、周囲の草花を抜いて立って、とても目立ちます。
小さな花が30~40個集まって散形花序をつくり、さらにそれが5~7個も集まって大きな複散形花序を構成しています。
まさしく、草の王様と云われるにふさわしい姿です。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-06-22 22:23 | 自然散策

中村記念病院

中村記念病院はに日本で初めての脳神経外科専門医院として昭和41年( 1967 年)開設されました。
病院全体が脳神経疾患に特化しているとともに、 24 時間救急医療体制を堅持し救急医療に貢献しています。
医療過疎地にある職場に赴任していた私の友人が、たまたま札幌へ出張中に脳出血で倒れてこの病院に運ばれて一命をとりとめました。
まことに不幸中の幸いであったということでした。
e0100772_2130221.jpg

モダンな病院の建物は、大脳と小脳をイメージしているそうです。
加齢とともにこのような専門病院があることを貴重に感じる反面、出来ればお世話になりたくないとも思います。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-06-19 21:36 | 札幌

札幌市電「ビッグ号」

土曜日、知人のお見舞いに行くために札幌市電に乗りました。
停留所で待っていると、派手なラッピングの電車がやってきました。
e0100772_21494275.jpg

ネットで調べたら、札幌市電254号車で「不動産ビッグ号」とのことです。
デザインの異なる「ビッグ号」が他に2台、走っているそうです。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-06-16 21:53 | 乗り物など

よさこいの赤ちゃん

大人に混じって子どもがよさこいソーランを踊っていたのに驚いたのですが、
赤ちゃんを片手に抱いて踊っていた女性を見て、さらにびっくりしました。
e0100772_2241480.jpg

たぶんお母さんですね。
離れるのを嫌がってぐずったのかもしれません。
それにしても、まさに「母は強し」です。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-06-13 22:45 | 札幌

よさこいの子

道庁赤れんが庁舎前の広場で踊っていたグループの中に子どもが混ざっているのを見ました。
e0100772_2225242.jpg

写真の左下に写っている黄色い衣装の子です。
3歳から4歳くらいでしょうか、お母さんにくっついて「私も踊りたい」とせがんだのでしょう。
e0100772_2229763.jpg

小さな太鼓を持って、とても楽しそうに踊っていました。
きっと大きな思い出となって、成長してからも忘れないでしょう。
それとも、やみつきになって毎年やってくるかな?
[PR]
by kitanonezumi | 2013-06-12 22:33 | 札幌

よさこいソーラン

昨日は札幌での会合に出席するために出かけて道庁赤れんが庁舎前を通りかかった時、広場でよさこいソーランをやっていました。
e0100772_22415170.jpg

よさこいソーランは今年で21回目とのことですが、これまで私はほとんど見たことはありませんでした。
写真好きには格好の被写体のはずですが、なぜか撮影したこともありません。
「踊る阿呆に見る阿呆」と云われますが、なぜかどちらの阿呆にもなりきれません。
団体競技があまり好きでないというか、へそ曲がりなのでしょう。
e0100772_22471427.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-06-10 22:47 | 札幌

ニリンソウ

1本の茎から2輪ずつ花茎が伸びて、二つの花が連れ合って咲いているのが特徴になっているのがニリンソウです。
まれに1輪や3輪のものもあるそうですが、それも愛嬌と考えれば可愛いです。
沢山の中には枠から外れるものもあることを認めてもいいと思います。
なんでも規格やルールが絶対というのは、ちょっと肩がこる気がします。
e0100772_22544687.jpg


e0100772_22545843.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-06-08 22:56 | 自然散策