<   2014年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

本番を待つ

JR北広島駅で見かけたロータリー除雪車です。
きれいにお化粧直しをされて、冬本番を前にして待機中です。
e0100772_225575.jpg

本体はDBR600形ディーゼル機関車で、前にロータリー式、後にラッセル式の除雪装置を着けます。
ただし、夏は運転所における客車・気動車等入換業務や保守用機材類の運搬等に使用されているそうです。
冬の間だけ仕事すればいいなどとはいかずに、やはりそれほど甘くはないですね。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-23 22:15 | 乗り物など

イスノキ

e0100772_21422033.jpg

豊橋公園=吉田城趾の鉄櫓(くろがねやぐら)の横に生えている大きな木、イスノキです。
大きさもさることながら、地表を這っている根がすごくて驚きました。
伊豆半島から西の地域に自生する常緑の高木で、4月のに赤い花を咲かせるそうです。
材は日本産有用樹種のなかでも最も重く硬いために、古代よりつげの木と並んで櫛の材料とされてきました。
その他にそろばん玉)、床柱、鴨居(かもい)などさまざまな用途に使われるとのことです。
e0100772_21522528.jpg

豊橋の巨木、名木100選に選ばれています。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-22 21:54 | 旅行

豊橋市の吉田城

豊橋市公会堂の向こう側には豊橋公園が広がっています。
公園内にはテニスコートなどのスポーツ施設や美術館などがあります。
また、戦国時代に礎を築かれた城の跡があり、江戸時代に吉田藩があったことから吉田城と呼ばれています。
本丸の建物は失われていますが、昭和29年(1954)に隅櫓(鉄櫓)が模擬再建されています。
簡素な建物ですが、屋根にはちゃんとシャチホコが立っています。
e0100772_226451.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-19 22:10 | 旅行

豊橋市公会堂

昨日アップした低床電車の背景に写っていた風格ある建物が豊橋市公会堂です。
e0100772_22121781.jpg


昭和6年(1931)8月に完成した3階建ての鉄筋コンクリート造りです。
平成10年(1998)9月に国の登録有形文化財に登録されました。
両側のドームの側に羽を広げた鳥の像が目立っています。
e0100772_2216512.jpg


公会堂のシンボルとして設置されている鷲ということです。
昭和6年の建設当時からずっと豊橋の街を見守り続けている、と説明文にありました。
e0100772_22202155.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-17 22:21 | 旅行

豊橋にも新型低床電車

一時期は縮小されつつあった路面電車ですが、最近は多くの都市で見直されているようです。
その象徴的存在が新型低床電車です。
富山市のライトレール(LRT)が有名ですが、私はこれまでに函館市、札幌市、岡山市で見かけましたが、
今度は豊橋市でも見ることができました。
e0100772_21552978.jpg

ゆったりとした幅の広い道路では自動車と共存し、市民の足として立派に活用されているようです。
豊橋市では、T1000形 ”ほっトラム”と呼ばれ、3車体連接2台車方式の車両です。
e0100772_2224270.jpg

豊橋市公会堂の前を走るほっとラム、その後ろは豊橋市役所です。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-16 22:05 | 旅行

豊橋の路面電車

浜松からの帰途、時間があったので中部国際空港へ行く前に豊橋市に寄り道をしました。
私がまだ浜松に住んでいたころに一度だけ、豊橋に来たことはあったのですが、路面電車が走っていたとの記憶がありません。
だから、JR豊橋駅を出た時に路面電車が走ってくるのを見て、うれしい驚きを覚えました。
e0100772_20521798.jpg

市内を走る一路線の電車を運行しているのは豊橋鉄道(株)で、岡山市と同じく民営でした。
豊橋駅前が始発駅で、終点の手前で分岐して運動公園と赤岩口の二つの行き先があります。
前乗り料金先払いで、どこまで行っても150円と安く、交通ICカード乗車券のKITACAが使えたのも便利です。
e0100772_215561.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-15 21:05 | 旅行

一夜明けると銀世界

「一夜明けると銀世界」と云いたいのですが、実は昨夜から降り続けていたので、
夜半にはだいぶ積もっていて、ふだんよりも明るい夜でした。
朝にはすでに20cmほどにもなっていて、七ヶ月ぶりの雪かきをしました。
通勤にはスノートレを履いて出かけました。
駅までの道筋は水墨画のような光景でした。
e0100772_21434361.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-14 21:45 | 自然散策

アクトシティ浜松

e0100772_21561559.jpg


浜松駅のそば、青空を背景にそびえ立っているランドマーク・タワーがアクトシティ浜松です。
地上45階の高層ビルの中にはホテルやビジネスオフィス、楽器博物館・研修交流センターに加えて、
イベントホールや日本初の4面舞台を持ち、本格的なオペラや歌舞伎も上演できる大ホールがあります。
折しも第7回静岡国際オペラコンクールが開催されていることが横断幕で示されていました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-13 22:03 | 旅行

出世大名 家康くん

浜松駅前広場にある浜松市のイメージキャラクター、当世風にいえば”ゆるキャラ”です。
e0100772_22224631.jpg

2011年(平成23年)に徳川家康をモチーフとして誕生したキャラクターです。
傑作なのは、ちょんまげが浜松の特産品のウナギです。
徳川家康公は、浜松城を築いて17年間城主を務めた後、天下統一を成し遂げて大出世をしたことから「出世大名」とのネーミングです。
2012年(平成24年)の「ゆるキャラグランプリ2012」では第7位を受賞しました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-12 22:34 | 旅行

セントレアから電車で

今週の日曜日と月曜日で、実家のある浜松市へ行ってきました。
新千歳空港から当代人気のLCCを利用して、中部国際空港(セントレア)往復18,000円+と格安の料金でした。
セントレアから浜松市まではリムジンバスを利用するのが普通ですが、今回は電車で行くことにしました。
空港から名古屋行きの名鉄特急ミュースカイで神宮前まで行き、そこから名鉄特急で豊橋へ、さらにJR東海の普通電車で乗り換えて浜松までの旅程です。

ミュースカイは2000系という電車ですが、残念ながら写真は撮影できませんでした。
豊橋までの特急はパノラマsuperの愛称のある1000系電車です。
前部の1両の半分はパノラマ特別席です。
e0100772_22344136.jpg


豊橋から浜松まではJR東海311系電車に乗って、約34分ほどの乗車時間です。
JR東海のシンボルカラーのオレンジ色のラインが鮮やかです。
バスと違って車内を歩き回ることが出来ることと、車窓からの眺めも身近に見ることが出来ます。
乗り換えの待ち合わせ時間を入れても、バスとほとんど同じくらいの所要時間でした。
e0100772_22374231.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-11 22:42 | 旅行