タグ:α6000 ( 44 ) タグの人気記事

おぼろな朝日

後二日で4月というのに、外は名残の雪がしんしんと降っています。
21時を過ぎた今、3cm位も積もっているでしょうか、
そんなお天気の前触れのように、今朝はおぼろな朝日が昇っていました。
e0100772_21175004.jpg
まぁ、明日になって日が照ればすぐに融けてしまうのですが・・・


[PR]
by kitanonezumi | 2017-03-30 21:23 | 空や雲など

水戸常磐神社

水戸偕楽園の入り口前に常磐神社があります。
この日は七五三の参詣に多くの親子連れで賑わっていました。
e0100772_21584555.jpg
北海道に住んでいる人間には、11月とは思われないほど木々の葉が茂っていました。
神社の入り口には狛犬さんがいて、それを写真に収めるのが恒例になっています。
ここの狛犬さんもけっこう貫禄がありました。
e0100772_21590667.jpg


[PR]
by kitanonezumi | 2017-03-04 22:04 | 旅行

水戸市秋景

11月は北海道では既に初雪が降っている時期ですが、北関東の水戸市はまだ晩秋の最中でした。
イチョウ並木がきれいに色づいて、若い人たちが記念写真に興じていました。
e0100772_22034158.jpg
うろこ雲が浮かぶ青空に、紅葉とススキの穂がとてもマッチして、晩秋の風情がいっぱいです。
e0100772_22034605.jpg
千波湖の湖岸に植えられている桜の木はすっかり落葉していましたが、土曜日とあって散策する人で賑わっていました。
野鳥たちが餌をねだっていました。
桜が咲く季節にまた来てみたいと思われる風景です。
e0100772_22033568.jpg


[PR]
by kitanonezumi | 2017-02-22 22:15 | 旅行

千波湖

水戸市の中央を流れている桜川に沿って整備されている散策路を行くと、千波湖という
湖に行き当たります。
千波湖(せんばこ)は、茨城県水戸市にある那珂川水系であり、千波湖と桜川水戸城の南側の外堀の役目を果たしていたそうです。
e0100772_22223676.jpg

湖の周回は3,000m。並木もありジョギング散歩のコースとして親しまれています。
湖に沿って歩いて行くと、水面にゆりかもめが浮いていました。
e0100772_22223594.jpg

千波湖にはユリカモメ以外にもいろいろな鳥を見ることができます。
なかでも黒鳥が目をひきました。
白鳥を見慣れているので、黒鳥は新鮮でした。
e0100772_22223622.jpg


                                                          


[PR]
by kitanonezumi | 2017-02-19 22:38 | 旅行

桜川(水戸市)

ブログの更新をさぼっていた昨年11月に茨城県の水戸市へ行ってきました。
水戸市は30年ほど前に行ったことがありますが、その時は3月の春まっ盛りでした。
晩秋の北関東はまた違った趣があって、楽しい旅でした。

泊まったビジネスホテルのすぐ側を流れていたのが桜川です。
e0100772_22345729.jpg
桜川は、水戸市の中心市街地を貫流し、那珂川に合流します。
「まちの顔・まちの誇り」として、ふるさとの川整備事業が進められていると
いうことで、両岸はコンクリートで護岸されているのですが、その両側の堤防
には遊歩道と櫻並木が整えられています。
e0100772_22350997.jpg
遊歩道にはジョギングに励む人や、散歩を楽しむ人が見られる一方、
川面にはカモが泳いでいました。
桜の葉が紅葉していましたが、春には花見の人で賑わうことと思われます。



[PR]
by kitanonezumi | 2017-02-18 22:41 | 旅行

帝王貝細工

「帝王貝細工」の文字だけを見ると、何やら工芸品のように思えます。
私もこの春までは、「帝王貝細工」が植物の名前だとは知りませんでした。
庭の花壇用にと思って、種苗会社のカタログの中から何種類かの花の種のセットを買いました。
その中の一つがこの花でした。
e0100772_21213723.jpg

「帝王貝細工」という名はいささか仰々しいのですが、和名は「ムギワラギク」とのことです。
英名では「ストローフラワー(strawflower)」で、その名の通り乾燥した麦わらを思わせる花びらを持つ花です。
触ると本当にカサカサしています。
e0100772_21305750.jpg

7月に入ってから赤、朱、桃、白、黄などの色鮮やかな花が次々に咲いて楽しませてくれます。
e0100772_21363164.jpg

丈夫で育てやすい花で、私は気に入っていますが、かみさんの評価はとても低いのです。
その理由は、蟻がこの花を好きらしくて、花に沢山群がっていることと、
切り花にして花瓶に生けていると、茎がすぐにダメになって持ちが悪いことです。
e0100772_21425153.jpg

あまりにも評判が悪いので、来年も花壇に植えるかどうかは分かりません。
私は植えてやりたいのですが・・・
e0100772_2145361.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2016-08-16 21:46 | 植物

大玉転がし

我が家の子どもは走るのがあまり得意でなく、徒競走では真ん中以下の順位でした。
だから、紅白対抗リレーの選手に選ばれることはありません。
そんな子でも他の子と一緒に頑張れるのが団体競技です。
この日は「大玉転がし」に取り組んでいました。
e0100772_21412332.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2016-06-18 21:42 | 人物

運動会のハイライト

6月4日は我が家の子どもが通っている小学校の運動会でした。
午前中は曇り空で風が強く、肌寒くて震えていましたが、子どもたちの多くはは半袖・短パンで頑張っていました。
運動会のハイライトの一つに組み体操がありますが、失敗して怪我をする子が出て、最近では自粛する学校が多いようです。
しかし、この小学校では5,6年生に組み体操をさせていました。
e0100772_21464713.jpg

ともすると事なかれが優先する風潮の中で、教師達の意気を感じるプログラムでした。
6年生は小学校生活の思い出として、難度の高い5段のピラミッドに挑戦しました。
e0100772_21511269.jpg

2年後には我が家の子どもも、こんな組み体操の一員として頑張れるのか、期待と不安が交錯します。
[PR]
by kitanonezumi | 2016-06-16 21:57 | 人物

優しく包まれて - クロッカス

e0100772_20525856.jpg


クロッカスの小さな花の中で、鮮やかな山吹色の雌しべがひっそりと包まれていました。
花びらの色は紫の他に白や黄色など変化がありますが、雌しべの色は基本的に黄色です。
早春のころ、いちばん早くに咲く花の中に、いかにもか弱げな雌しべが大事に、優しく包まれています。
[PR]
by kitanonezumi | 2016-04-16 21:07 | 自然散策

ふきのとう

4月も第2週に入り、関東から西の府県ではお花見も終わりというけれど、今日の札幌は吹雪でした。
気温はプラスとは言いながら、この時期としては身を切るように冷たく感じる風に乗って、雪が舞っていました。
積雪が無くなり、乾き始めた庭が再び白くなりました。
ほころび始めたフキノトウも凍えそうなお天気でした。

e0100772_2361355.jpg


我が家の庭に出てくるフキノトウは、京フキです。
[PR]
by kitanonezumi | 2016-04-11 23:10 | 自然散策