タグ:建物など ( 128 ) タグの人気記事

富岩運河環水公園

岩瀬の港から乗った富岩水上ラインの終点は富岩運河環水公園です。
1988年、新都市拠点整備事業「とやま都市MIRAI計画」により工事が始まり、1997年に開園しました。
運河をまたぐ橋と、両岸に立つ展望台が格好いいです。
e0100772_21482617.jpg


運河に沿ってスターバックスコーヒーがあります。
都市公園内への出店は国内初となる店舗とのことで、「世界一美しいスターバックス」と呼ばれるそうです。
e0100772_2158976.jpg


静かな水面に映るのはウェルネスホテル とやま自遊館です。
1階にあるレストランでランチを食べました。
e0100772_22103515.jpg


泉と滝の広場では水のカーテンがありました。
e0100772_22123722.jpg


水のカーテン越しの眺めはまた一興です。
e0100772_2214890.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2015-09-30 22:15 | 旅行

水のエレベーター

富岩運河を行く水上ラインの売り物の一つは、運河の中ほどにある中島閘門です。
中島閘門は、上流側標高が約2.7m、下流側標高約0.2mの水位差約2.5mを調整する為のパナマ運河方式の複扉室閘門(ふくひしつこうもん)です。
航行する船を2.5m上げたり下げたりする、いわば水のエレベーターです。

閘門の中に入ると、下流川の扉が閉まります。
e0100772_2128194.jpg


上流側の水が閘門の中に流れ込んできて水位が上がってきます。
e0100772_2129138.jpg


水位が上流側と同じになると、上流側の扉が開いて、船は前へ進みます。
e0100772_21313761.jpg


閘門を抜けて、船は富山市へ向けて航行を再開します。
1998年(平成10年)に復元修理工事が完了し、富岩運河水閘施設として国の重要文化財に指定されました。
e0100772_21345015.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2015-09-28 21:36 | 旅行

北前船廻船問屋森家

今は富山港と呼ばれている岩瀬の港は、かつて北海道からの昆布やニシンなどを運んできた北前船で賑わいました。
それらの品物を扱った廻船問屋の町並みが残り、往時の面影を現在にとどめていて、観光スポットとなっています。
中でも森家は国指定の重要文化財となっていて、入場料100円で開放されています。
e0100772_2175693.jpg


家の中は6畳間と8畳間が連なる広々とした空間に、展示されている美術品がかつての財力の大きさを偲ばせます。
e0100772_21164414.jpg


大きな吹き抜けと囲炉裏がある12畳の居間には台所がつながっていて、食堂にもなっていたと思われます。
e0100772_21193985.jpg


家の奥には立派な土蔵が並んでいて、多くの財物の格納場所となっていました。
e0100772_21215488.jpg


土蔵のうちの一つを覗くと、テレビの「なんでも鑑定団」に出したいような、数多くの骨董品が並んでいました。
とりわけ、いろいろな種類の時計の数々が目をひきます。
e0100772_21261468.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2015-09-25 21:27 | 旅行

富山城

この週末と月曜日に、二泊三日の日程で富山市に行ってきました。
私の母の出生地で、私も4歳まで祖父母の家に一緒に住んでいたそうです。
その時の思い出はほとんどないのですが、かすかに残っている記憶を確かめたいと思っての旅です。

60年以上も経っていますから大きく変わっていて当然でしたが、町並みや雰囲気は懐かしく感じられました。
観光はほとんどしないで、祖父母のあった町の周辺をうろうろと歩き回ってきました。

祖父母の家から歩いて15分くらいの距離に富山城址があったは、ちょっと驚きでした。
昭和29年(1954年)に鉄筋コンクリート構造による模擬天守が建てられたということで、私の記憶にもお城がないのはうなずけます。
お堀に浮かぶ「富山城」はなかなか立派で、きれいでした。
e0100772_228281.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2015-09-15 22:30 | 旅行

アパートの解体

この冬に除雪する人もないまま、降り積もった雪に埋もれたアパートの写真をアップしましたが、
先週からいよいよ解体工事が始まりました。
e0100772_21495331.jpg

主がいなくても季節のままに咲いている花々が解体される建物を見つめているような気がします。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-06-18 21:51 | 街の風景

竹山高原温泉

高原温泉ときくと、かなり山の中を行った高い所にある温泉なのかなと思われるが、
たぶんそれは相当むかしのことだったと考えられます。
現実には江別の我が家から車で30数分で行くことが出来ます。
さらに、道央高速道がすぐ近くを走り、輪厚サービスステーションも間近にあります。
e0100772_21494251.jpg

ただし、見た目の趣は相当にひなびた温泉宿であります。
アトピー性皮膚炎に効果があると知人から聞いて、この休みの日に子どもを連れて行ってきました。
泉質はアルカリ単純泉のお湯は、黒褐色の見た目に反して柔らかく、肌がすべすべします。
湯温もそれほど高くなく、ゆっくりと浸かっていることが出来るので、湯治にはいい温泉だと思われます。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-04-19 21:50 | 旅行

夜空に浮かぶ時計台

e0100772_22473811.jpg

「日本の三大がっかり」の一つと揶揄されていますが、
夜にライトアップされている時計台は、周囲の喧噪や猥雑さが隠されて、
さらに季節が冬ともなれば、白い雪にいっそう映えて見えて、
がっかりするどころではなく、
そのきれいな光景に魅了されること、間違いなしです。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-02-28 22:55 | 札幌

冬の遊園地

e0100772_2153416.jpg

岩見沢市にある北海道グリーンランドの観覧車とジェットコースターです。
今は冬期間の休園中です。
ひっそりと春を待っているようです。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-02-01 21:59 | 街の風景

熱田神宮

先月、旅の途中で熱田神宮を参観した時のスナップです。
正月三が日の初詣客が230万人、全国ランキングで第7位だそうです。
さすがに本宮と広場は広いです。
e0100772_2211232.jpg


神楽殿は平成21年に新築されました。
元旦の午前零時にここで「初神楽」が奉奏されます。
たいへん立派な木造建築です。
e0100772_22132612.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2015-01-30 22:14 | 旅行

埋もれる

e0100772_2135241.jpg

自宅から駅までの道筋にある、かつてはアパートだった建物。
最後の入居者がいなくなり、空き家となってから既に2年近くが経過しています。
雪に埋もれて寂しそうです。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-01-27 21:39 | 街の風景